消化器内科(内視鏡内科・肝臓内科)

当科の特徴(概要)

私どもは、患者さんの症状につきまして、心身両面からのケアに心掛けています。

内科学、特に消化器病学の最新の知識、技術を身につけるよう常に心がけ、病気を全体的かつ専門的に捉え、高度な医療を施すよう努力致しております。
また、専門分野以外の疾患につきましては、的確な治療が行えるよう他科の先生と連携をとってまいります。

信頼される質の高い診療を心掛け、経験豊富な医師を中心に、看護師や薬剤師、臨床工学士、事務職員と協力してグループ診療による多角的できめ細かなチーム医療を推進してまいります。

対象疾患

  1. 食道疾患(逆流性食道炎、食道がん)
  2. 胃疾患(胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん)
  3. 腸疾患(大腸炎、炎症性腸疾患、大腸ポリープ、大腸がん)
  4. 肝疾患(ウイルス性肝炎、肝硬変、脂肪性肝疾患、自己免疫性肝疾患、アルコール性肝疾患、薬物性肝疾患、肝臓がん)
  5. 胆道疾患(胆石、総胆管結石、胆のう炎、胆管炎、各種胆道系腫よう疾患『ポリープ、がん等』)
  6. 膵疾患(急性膵炎、慢性膵炎、各腫よう疾患『充実性腫よう、膿胞性腫よう』)

当院における消化器内視鏡検査数はこちら

当院における消化器内視鏡検査数

内視鏡スクリーニング検査数の推移図1 当院での内視鏡スクリーニング検査の推移
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)件数の推移図2 当院での内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)件数の推移
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)検査数の推移図3 当院での内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)検査数の推移

検査内容

内視鏡検査

拡大内視鏡を導入し、診断の精度をあげた精密検査を実施しております。また、食道、胃、大腸のESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)や咽喉頭ESDも行っております。

肝臓に関する検査

血液検査:肝臓に関して何を調べたいかにより以下の項目を検査します。

肝細胞が
どの程度壊れているか
AST (GOT), ALT (GPT)
肝細胞の働きが
どの程度障害されているか
プロトロンビン時間、血清ビリルビン、血清アルブミン、コレステロール
肝臓で作られる胆汁が
どの程度うっ滞しているか
ALP, γ-GTP, LAP
肝臓の病気が
どの程度進み線維化が起こっているか
血小板、ヒアルロン酸、IV型コラーゲン、P-III-P、M2BPGi、オートタキシン
ウイルス性肝炎に
かかっているかどうか
肝炎ウイルス関連抗原・抗体
自己免疫疾患の有無 γ-グロブリン、抗核抗体、抗ミトコンドリア抗体
腫瘍マーカー AFP, PIVKA-II(上昇しているときには、必ずしもがんがあるわけではありません)
画像検査 血液検査ではとらえられない肝臓の形態変化や腫瘍の有無、腹水の有無などのチェックは、画像検査で行います。
脂肪肝などの軽度の肝障害では1年に一度、慢性肝炎では半年に一度、肝硬変では3ヵ月に一度の画像検査をお受けいただくようにしています。
腹部超音波
造影CT
造影MRI
当院ではいずれも最新鋭の機械を導入し、精査を行っております。

原因不明の肝障害や性質の分からない肝腫瘍に対しては、超音波検査下に体の表面から針を刺し(生検といいます)、組織を採取して診断をつけることもあります。