ドクターコラム|神経内科

  • 若年性認知症
  • 若年性認知症

    認知症とは、一度正常に発達した認知機能が後天的な脳の障害によって持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障を来すようになった状態を言い、それが意識障害のないときにみられるものです。
    続きを読む
  • アルツハイマー型認知症
  • アルツハイマー型認知症

    認知症の代表であるアルツハイマー型認知症は、病理学的に大脳に老人斑と神経原線維変化の2つを特徴とするアルツハイマー病によって大脳皮質、海馬などに神経細胞死、シナプス減少、アセチルコリン濃度低下などが起こり、認知症症状が発症したものです。
    続きを読む
  • 若年性アルツハイマー病
  • 若年性アルツハイマー病

    若年性アルツハイマー病は65歳未満で発症するアルツハイマー病のことです。厚生労働省の2009年3月の調査結果では、日本全国の若年性認知症の患者数は約37,800人で、このうち約25%がアルツハイマー病です。
    続きを読む