急性骨髄性白血病|血液内科

急性骨髄性白血病とは

急性骨髄性白血病とは、血液のがんの一種で、血液を造る骨髄で異常な血液細胞(白血病細胞)が造られる病気です。正常な状態の骨髄では、いずれ成熟した血液細胞に成長する血液の卵の細胞が造られています。造血幹細胞は、将来リンパ球になるリンパ球系幹細胞と、赤血球や顆粒球や血小板になる骨髄球系幹細胞になります。骨髄球系幹細胞は骨髄芽球に成長しますが、この骨髄芽球が異常な白血病細胞となり、正常な血液細胞に成長できなくなった状態が、急性骨髄性白血病です。

症状について

正常な血液細胞が減少することによる貧血症状(ふらつきや息切れなど)、白血球(主に好中球)が減少することによって発症する感染症による症状(発熱や咳嗽など)、血小板減少による出血傾向が、急性白血病の主な症状となります。時には肝臓、脾臓、中枢神経(脳や髄膜)、歯肉、皮膚などに白血病細胞が浸潤することがあり、腹部飽満感、頭痛や神経麻痺、歯肉腫脹、皮疹などを自覚することもあります。

診断

血液および骨髄検査とその他の検査

骨髄穿刺、末梢血検査で白血病細胞の増殖を確認することで診断します。急性白血病では多くの場合、白血球数は高値となりますが、低値となることも少なくありません。また、診断だけでなく治療方法の選択に役立てるために顕微鏡で細胞の形などを見る検査(鏡検)に加えて、染色体検査、表面マーカー検査、必要に応じて遺伝子検査なども行います。

骨髄検査で調べること

急性骨髄性白血病の診断と種類

骨髄の鏡検ではメイギムザ染色法という染色法による細胞形態観察を基本として芽球(図1)を含めた幼若な細胞から成熟した細胞までを細かく分類します。WHO分類では骨髄中芽球が20%以上を白血病と定義しています。そして、ペルオキシダーゼ染色法という方法で陽性の芽球が3%以上ある場合に急性骨髄性白血病と診断します。ペルオキシダーゼ染色で陰性であっても上記の検査の結果から診断をする場合もあります。

急性骨髄白血病の芽球図1.急性骨髄白血病の芽球

治療

急性骨髄性白血病の治療は、予後因子によって層別化され、複数の抗がん剤を組み合わせた多剤併用化学療法や造血幹細胞移植を行います。

治療には大きく分けて、寛解導入療法(治療の第一段階で、血液中や骨髄中の白血病細胞の大半を死滅させる治療)と寛解導入後治療(強化療法や造血幹細胞移植)の2段階があり、約半年間入院して治療を行います。標準リスクの場合は、化学療法が終了したら治療終了となりますが、高リスクの場合は、化学療法の後に造血幹細胞移植を行います。退院後は外来で定期的に検査を行い、再発の有無や抗がん剤の副作用による合併症の有無を確認します。ご高齢の場合は、抗がん剤の副作用が強くなるため、抗がん剤の種類やその投与量を調整しなくてはなりません。特にご高齢の方の場合は予定通りに治療を遂行することが難しいため、個々の患者さんの状態にあわせた治療を行います。

AMLの治療は「Total cell kill」の概念に基づいて治療がなされる