第20回 動画による健康講座

2021年6月11日掲載

「手のふるえの新しい外科治療~集束超音波治療(FUS)について~」

 講師は脳神経外科(機能外科部門)部長 仲野 雅幸 医師による「手のふるえの新しい外科治療~集束超音波治療(FUS)について~」です。

文字を書いたり食事をしたりといった動作時に、原因不明の手の震えがおこることはありませんか? 「本態性振戦」の症状は進んでくると、日常生活に支障をきたすことがあります。命にかかわることはありませんが、生活の質を下げ、人前にでづらくなるなど、精神的な苦痛をもたらす病気です。

今回は、頭を切開する必要のない、FUSという新しい治療についてお話いたします。
治療のながれや実際の治療の様子などもご紹介しています。

この動画が震えでお悩みの方の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

仲野 雅幸 医師

タイムテーブル(再生時間 10:54)

00:00 オープニング
00:21 ふるえ(振戦)とは?
01:20 振戦の治療
02:06 振戦の外科治療
04:27 新しい治療であるFUS(集束超音波を用いた機能的定位脳手術)について
05:51 実際の治療動画、術後の様子
07:39 治療できない場合
08:13 国際共同研究における合併症の割合
08:51 1年後の治療成績など