森 美雅 医師|ドクターズプロフィール

    • 【現職】
      [現職]
      新百合ヶ丘総合病院(南東北グループ,神奈川県川崎市麻生区)
      高精度放射線治療センター センター長(2018年8月-現職)
      Yoshimasa Mori, MD, DMSc, IFAANS
      Director, Center for Advanced Image-Guided Radiotherapy,
      Shin-Yurigaoka General Hospital
      e-mail: ymori.str@gmail.com

    • 【専門医/指導医】
      日本医学放射線学会 放射線科専門医・指導医
      日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
      日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
      日本救急医学会救急科専門医
      日本がん治療認定医機構がん治療認定医
      日本医師会認定産業医

      私と高精度放射線治療の出会いは、 1991年5月の連休明けからの小牧市民病院(愛知県小牧市)でのガンマナイフ治療開始から。その後、ガンマナイフ以外にも、サイバーナイフ、トモセラピー、ノバリス、バリアントゥルービームなど、種々の高精度放射線治療機器による脳・全身の治療に携わってきました。各々の機器の特性をふまえて、患者さんの状況に最適な低侵襲放射線治療を提供することを第一に考えています。私は放射線治療専門医ですが、脳神経外科専門医でもあります。脳腫瘍・頭蓋底腫瘍の治療に当たっては、さまざまな脳腫瘍手術での経験をいかし、脳の構造・機能に留意して脳・神経をできるだけ傷めない放射線治療計画を行うようにしています。

専門医/学位取得

1979年 私立滝高校(愛知県江南市)卒業
1985年 名古屋大学医学部卒業
1998年 医学博士
日本医学放射線学会JRS認定 放射線科専門医・指導医
日本医学放射線学会JRS・放射線腫瘍学会JASTRO認定 放射線治療専門医
日本脳神経外科学会JNS認定脳神経外科専門医・指導医
日本救急医学会JAAM認定救急科専門医
がん治療認定機構JBCTがん治療認定医
日本放射線腫瘍学会代議員
日本定位放射線治療学会世話人・日本放射線外科学会世話人・
日本ガンマナイフ学会理事・ガンマナイフ治療計画勉強会世話人
ASTRO (American Society for Radiation Oncology) 会員
ISRS (International Stereotactic Radiosurgery Society) 会員
AANS (American Association of Neurological Surgeons) 会員
第4回日本放射線外科学会会長(2013年1月,名古屋)
日本医師会認定産業医
第4回 日本アクロメガリーフォーラム奨励賞(2008年)
The 8th Novalis Circle Conference(Munich) Poster Winner(2018年)

経 歴

名古屋掖済会病院(名古屋市港区)臨床研修医
名古屋掖済会病院脳神経外科医員
小牧市民病院ガンマナイフ部長
名古屋大学脳神経外科医員
半田市立半田病院(愛知県半田市)脳神経外科部長
University of Pittsburgh Medical Center (UPMC, PGH, PA, USA)
Visiting Research Assistant Professor,
Center for Image-Guided Neurosurgery(1996年4月-1998年3月)
名古屋共立病院(名古屋市中川区)
院長
放射線外科センター(ガンマナイフ・ノバリス)
部長(2002年11月-2011年12月)
名古屋市立大学(名古屋市瑞穂区)放射線医学分野(トモセラピー)
病院准教授(2012年1月-2013年7月)
愛知医科大学(愛知県長久手市)放射線医学講座(トゥルービーム)
教授(2013年8月- 2018年7月)
名古屋大学医学部 非常勤講師(先端脳医療)
津島市民病院(愛知県津島市)サイバーナイフセンター非常勤医師
総合青山病院(愛知県豊川市)サイバーナイフセンター非常勤医師
大隈病院(名古屋市北区大曽根)ガンマナイフセンター非常勤医師
新百合ヶ丘総合病院(南東北グループ,神奈川県川崎市麻生区)
高精度放射線治療センター センター長(2018年8月-現職)