緩和ケア|がん診療のご案内

緩和ケアとは

緩和ケアとは、がんと診断された患者さんに対して、痛みや苦しみをやわらげ生活の質(QOL)を高め、患者さんやご家族のサポートをおこなう医療・看護のことです。

当院では、がんの告知の段階から、必要に応じて緩和医療チームの医師・看護師が 身体的・精神的支援に入り、がん治療中の苦痛の緩和を行っています。また、緩和ケア外来でも、苦痛の緩和を目的とした医療を行っています。


緩和ケアチーム

当院の「緩和ケア」専門チームは、医師(外科・麻酔科・精神科)、看護師(緩和ケア・精神看護)、薬剤師、リハビリ専門職員、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、公認心理士などで構成されています。

緩和ケアチーム構成

新百合ヶ丘総合病院 緩和医療チーム構成メンバー

身体緩和医

消化器外科医・緩和ケア内科医

精神緩和医

精神科医

緩和ケア認定看護師・精神看護専門看護師・薬剤師・臨床心理士・管理栄養士・リハビリ専門作業療法士・ソーシャルワーカー

緩和ケア病棟

  • 緩和ケア病棟
  • 緩和ケア病棟は、がん患者さんの体や気持ちの「痛み」「苦しみ」「辛さ」などの症状緩和を望まれている方が、日々安らかに過ごせるように支援する病棟です。

    苦痛の緩和、生活の質の向上のため、さまざまな医療の専門職(医師や看護師、薬剤師・心理士・栄養士・リハビリテーションスタッフ・ソーシャルワーカーなど)がチームメンバーとなって、患者さまとご家族にケアを提供させていただきます。

緩和ケア外来

緩和ケアチームによって、通院患者さんに対して緩和ケアを提供する専門外来で、治療の担当医と連携してがんの治療を行いながら、体と心の痛みやつらさをやわらげるためのケアを行っております。

診療日

木曜日・金曜日 15:00~【予約制】

利用方法

※諸事情により変更・休診になることがございます。外来診療担当表をご確認の上、ご予約をお取りいただいてからご来院ください。
電 話︓0800-800-6456(外来診療予約専用)

緩和ケア入院相談外来

がんを治すための治療(手術や放射線、薬物療法など)をすることが難しくなった方、あるいはそういう治療を望まない方を対象としております。

診療日

月曜日・火曜日・木曜日 14:30~【予約制】

利用方法

入院相談外来を受診される方はこちらをご覧ください。

緩和ケア研修会

当院では、医療関係者向けに年に一度「がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会の開催指針(厚生労働省)に準拠した緩和ケア研修会を開催しています。
詳細はこちらをご覧ください。