教育システム

教育理念

いのちに寄り添う看護ができる人材を育成する

教育目的

看護に必要な知識・技術・思いやりの統合した看護師を育成する

教育目標

看護実践に必要な知識・技術・対応能力・判断能力・判断力を習得し、 根拠ある科学的臨床実践が展開できる

  • プリセプター制度をはじめ、院内研修にも力を入れています。 また、認定看護師育成制度や院外研修参加への支援も充実していますので、ぜひ挑戦してください。

新人教育・研修についての年間プラン

ただいま改変中です
時期 内容
4月 【新人看護師オリエンテーション内容】
・社会人としてのマナーを身につける
・職場環境に慣れる
・基礎看護技術の確認及び臨床で応用するための準備

【看護技術】
・院内感染管理
・電子カルテ
・静脈注射
・食事介助
・経管栄養
・PEG
・BLS
5~6月 ・化学療法室について
・看護必要度
・コスト、物品管理
・緩和ケアチームについて
・看護師に必要な薬の知識
7月 ・技術チェック
・電子カルテの操作
8~9月 ・チームナーシングについての自らの役割を自覚
・プリセプティ会
・プリセプター会
10月 【新人集合研修】
・上半期の評価
・下半期へのキャリアアップにむけて
11~2月 ・技術チェック
3月 【年間評価】
・自分の課題を明確にする

「クリニカルラダー」について

新百合ヶ丘総合病院看護部では、「新百合ヶ丘総合病院の目指す看護師」である「知識」「技術」「思いやり」をキーワードに、「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」を看護実践能力の標準指標としました。

ひとりひとりの目標を共に明確にし、共有することで、それぞれがキャリア開発を計画的にすすめ、個人に合った支援を看護部が提供できることを目標としています。

クリニカルラダー