部署紹介|看護部

A2東 病棟
<循環器内科・心臓血管外科・腎臓内科>

  • クリニカルパスを使用した検査や治療が多く回転率の高い病棟です。他職種カンファレンスを行い個別性のある生活指導ができるよう取り組んでいます。この病棟は若いスタッフが多く、明るく元気いっぱいなところが特徴です。

A2西 病棟
<脳神経外科・脊椎脊髄抹消神経外科・神経内科>

  • 長期療養が必要な患者さんもおり、多職種との連携を大切にして、ひとりひとりの望んでいる生き方を支援しています。若いスタッフと共に良好なチームワークを築き、笑顔で勤務しています。

A3東 病棟
<消化器内科・外科、血管外科、泌尿器科>

  • 最近は低侵襲の手術が増え、在院日数も短い外科病棟ですが、ストーマ造設をする患者様などとじっくり向き合え、自立の支援に向けて共に学ぶ機会もあります。

A3西 病棟
<整形外科、糖尿病内科>

  • 「いつも笑顔を絶やさずに」をモットーに、整形外科で手術を受ける患者さんや糖尿病の教育目的入院の指導に力を入れ、患者さんの持てる力を引き出し、自立支援ができるような関わりを目指し働いています。

A4東 病棟
<呼吸器内科・外科、放射線科>

  • 化学療法や放射線療法、周手術期の患者さんが入院され人生の最終段階にある患者さんとの関りも多い病棟です。緩和ケアチームと連携し少しでも苦痛が軽減されるよう支援をしています。

A4西 病棟
<耳鼻科、眼科、形成外科、総合診療科等、外傷センター等>

  • さまざまな領域を幅広く学ぶことができ、多職種との連携を大切に、楽しく明るい職場環境を目指しています。

A5東 病棟
<小児科、女性混合病棟>

  • NICUを含む小児科と女性混合病棟です。小児に関しては、認定看護師の力を借りて専門性を磨いています。

A5西 病棟
<産婦人科>

  • あらたに誕生する命に携われる幸福感と産後の育児の不安にかかわり安心感を持っていただくことができる病棟です。また、リプロダクションセンターとも連携し、命の誕生と向き合って、心もあらわれるような体験ができますよ。

A6西 病棟
<全室個室>

  • 全室個室の特徴を生かし、自宅で生活しているような空間が提供できるように努めています。診療科も様々なので、自ら考え行動できるナースを目指して、よりチームワークを大切にしている病棟です。

B3南・B3北 病棟
<回復期リハビリテーション>

  • 当院の回復期リハビリテーション病棟は、令和2年4月に開設されました。多職種協働を大切にチームで意見交換しながら、明るく信頼されるリハビリテーション病棟を目指してリハビリケアの専門性を高められるよう取り組んでいきます。

B4南 病棟
<緩和ケア病棟>

  • がんなどの病気からくる身体や気持ちの苦痛を緩和する医療を提供する病棟であり、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカーなどの専門職種がチームで患者さまとご家族に日々安らかに過ごせるようにケアを提供してまいります。

B4北 病棟
<血液内科・神経内科>

  • 化学療法を行っている患者さんの多い病棟で、感染の予防にも力を入れておりクリーンルーム7床を含む45床で対応をしています。 急性期からターミナル期まで幅広い看護を行い、患者さんの思いに寄り添ったケアができるように心がけています。

ICU

  • 術後管理や重症・急変患者さんの受け入れをしています。特殊な環境であっても患者さんやご家族が声をかけやすい雰囲気と環境づくりを目標に看護を展開しています。

手術室

  • 鏡視下手術やロボット手術が増えており、新棟増床に伴い手術室を拡大しました。外来の局所麻酔の手術も含め全20室になります。手術件数は7000件を目標に、多職種との連携をさらに強化し、より安全な医療・看護が提供できるよう心がけてまいります。

脳卒中ケアユニット SCU

  • 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)は一刻も早く病院に搬送し、後遺症を最小限にするため多職種(医師、看護師、リハビリテーションスタッフ等)からなる専属の脳卒中チームが24時間体制で治療、看護を提供しています。また、突然の発症で本人及び家族の不安が強いため、気持ちを受け止め精神的援助を行っています。

血液浄化センター

  • 血液透析、腹膜透析、その他血液浄化療法を行っています。このセンターでは経験豊かな看護師と臨床工学技師が協働し、患者さんのより身近な存在となり看護・治療にあたっています。

外来

「すべては患者さんのために」という病院理念のもと、患者の立場に立って、気持ちよく診療が受けられるよう努めています。

化学療法室

  • 普段の生活を送りながら治療を続けることができる16床の治療室で、担当医だけでなく、がん看護や心のケアについての専門知識を有する認定看護師やがん薬物療法に関する専門知識を有する薬剤師などに相談できる環境を整えています。ご自宅に戻られてからも安心して生活が送れるような体制にサポートします。

リプロダクションセンター

  • 不妊症看護認定看護師を中心に、不妊に関する悩みや相談ごとを伺い処置や治療に対応しております。時には終わりの見えない治療になる場合もありますので、専門的知識と寄り添う心をもった看護に努めています。

B1 病棟
<救急外来・病棟>

  • 医師、看護師で昼夜を問わず、受け入れ体制を整えています。また、組織内だけでなく、救急隊との連携も大切にしながら、患者さんが安心して医療が受けられ、即入院できる病棟も備えております。