新百合ヶ丘総合病院 看護部のご紹介

理念・目標

看護部理念

豊かな心と感性を持ち、人間尊重に基づいた質の高い看護を提供する

看護部目標

1.感性豊かな人材を育成し、看護の質を向上させる
2.働きやすい職場環境をつくる
3.組織力を高め安全な医療提供体制を実現する

新百合ヶ丘総合病院
看護部 副院長 佐藤 エキ子

  • 佐藤副院長
  • みなさま こんにちは。

    新百合ヶ丘総合病院看護部ホームページへようこそ。

    新百合ヶ丘総合病院は、2012年に高度先端医療を提供する377床の総合病院として開院しました。そして2020年4月には新棟を開設、総病床数563床となり大規模病院の仲間入りを致しました。

    病院の建物はA棟とB棟に分かれております。A棟(既存棟)は377床、B棟(新棟)はあらたに救急センター・救急病棟、回復期リハビリテーション病棟、急性期病棟、緩和ケア病棟、SCU(脳卒中ケアユニット)がフルオープンし、B棟の病床数は186床になりました。

    新百合ヶ丘総合病院は、急性期から慢性期(回復期)、緩和医療まで、地域住民の多様なニーズに寄り添った地域医療支援病院として生まれ変わりました。

    看護部では、医療・看護への多様なサービスを求めている地域住民に対して、質の高い看護サービスの提供をめざしています。そしてそのためにも看護部では、①病院の理念と事業計画・看護部理念に基づいた看護実践と管理②看護師個々の英知と能力が最大限に発揮できるような環境づくり③教育・研修の充実と専門的な技能を有する人材の育成、等に努めております。

    看護部のホームページでは、看護部長のメッセージはじめ、各部署の特徴と活動等について紹介していますので是非ご覧いただき、当院看護部の活動を感じ取っていただけると幸いです。

新百合ヶ丘総合病院
看護部長 澤邉 綾子(認定看護管理者)

  • 澤邉看護部長
  • 2021年8月1日で当院は10年目を迎え、急性期の機能に加え昨年度より回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、救急病棟、SCUを順次稼働させて、病床数は“ごろうさん”と覚えやすい563床になりました。

    当グループの理念「すべては患者さんのために」を他職種とともにチーム医療を展開して地域の皆様にご利用いただけるよう努めてまいります。

    また、設立目的を振り返りますと「職員全員が常に青春を失わない『信念』と『自信』と『希望』を持てる企業体にすること」とあり、専門職として一人ひとりが生き生きと働ける職場になるような職場にしたいと考えております。

    そのために看護部は理念である「豊かな心と感性を持ち、人間尊重に基づいた質の高い看護を提供する」を具現化し、“ここに来てよかった”と思える職場づくりに挑戦していきます。まだまだ、取り組むべきところは多くある職場ですが、一緒に“カイゼン”に取り組んでいきませんか。

    どうぞお気軽にお声がけください。