入院のご案内

リハビリテーション科

当科の特徴(概要)

リハビリテーション科では、病気や怪我、加齢や先天的要因などにより受けた障害に対し、医師による治療やリハビリテーションスタッフによる機能訓練を行っています。失った機能の回復を促しつつ残された能力を最大限に引き出し、家庭復帰や社会復帰、QOL(Quality of Life:生活の質)の向上などを目標に支援しています。当院では、急性期~回復期~生活期と一貫したリハビリテーションの提供が可能となっており、医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどがそれぞれの専門性を活かしてチーム医療を実践しています。

リハビリテーョン科の特徴

理学療法(PT;Physical Therapy)

理学療法とは、障害のある方や、障害の発生が予測される方に対して、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

理学療法士(PT:Physical Therapist)は、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療に利用目的にするもの)などを用いて“その人らしい”生活が送れるように支援する、リハビリテーション専門職(国家資格)です。

作業療法(OT;Occupational Therapy)

作業療法とは、障害のある方や、障害の発生が予測される方に対して、機能訓練や作業活動を通して基本的動作(運動や感覚・知覚、心肺や精神・認知などの心身機能)能力、応用的動作(食事やトイレ、家事など、日常で必要となる活動)能力、社会的適応能力(地域活動への参加、就労・就学など)の3つの能力を維持・改善を図る治療法です。

作業療法士(OT:Occupational Therapist)は、様々な作業を通して“その人らしい”生活が送れるように支援する、リハビリテーション専門職(国家資格)です。

言語聴覚療法(ST:Speech-Language-Hearing Therapy)

言語聴覚療法とは、病気や怪我、加齢や先天的要因などで発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能などに障害を有した方に対して、言語聴覚訓練や摂食・嚥下訓練などにより、それらの機能の維持・改善を図る治療法です。

言語聴覚士(ST:Speech-Language-Hearing Therapist)は、ことばによるコミュニケーションや摂食・嚥下に問題がある方に専門的サービスを提供することで“その人らしい”生活が送れるように支援する、リハビリテーション専門職(国家資格)です。

施設基準

  1. 心大血管リハビリテーション料Ⅰ
  2. 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  3. 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  4. 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  5. がん患者リハビリテーション料

首都圏脳卒中地域医療連携パス協会

当院は、一般社団法人首都圏脳卒中地域医療連携パス協会に加盟しています。

首都圏脳卒中地域医療連携パス協会(http://www.renkei-pass.com/)

リハビリテーション室

リハビリテーション室①(A棟地下1階)

主に、一般急性期病棟入院中の方や外来リハビリテーションを受けていらっしゃる方が使用します。多様な疾患に応じたリハビリテーションが可能です。

  • リハビリテーション室①(A棟地下1階)

  • リハビリテーション室①(A棟地下1階)

リハビリテーション室②(B棟3階)

主に、回復期リハビリテーション病棟入院中の方が使用します。集中的なリハビリテーションに対応すべく、各種訓練機器・物品を取り揃えています。

  • リハビリテーション室②(B棟3階)

  • リハビリテーション室②(B棟3階)

リハビリテーション室③(B棟5階)

回復期リハビリテーション病棟入院中の方を中心に、一般急性期病棟や緩和ケア病棟など、様々な方が使用する部屋です。通常のリハビリテーションの他、多様なマシントレーニングが可能となっています。

  • リハビリテーション室③(B棟5階)

  • リハビリテーション室③(B棟5階)

ADL室(B棟5階)

主に、回復期リハビリテーション病棟や緩和ケア病棟に入院中の方が使用します。日常生活動作(ADL:Activites of Daily Living)能力の向上を図り、実践的なリハビリテーションを提供することで、早期在宅復帰を目指します。

  • ADL室(B棟5階)

  • ADL室(B棟5階)

リハビリテーション機器

リハビリテーション室で使用している機器をご紹介します。

  • ①Intelect NEO(インテレクトネオ)

  • ①Intelect NEO(インテレクトネオ)

    多機能電気治療器の最新モデルです。低周波治療器・干渉電流型低周波治療器・超音波治療器の機能を有しており、疼痛緩和など様々な症状に対応することが可能です。

  • ②Power Plate(パワープレート)

  • ②Power Plate(パワープレート)

    振動板の高速振動により、あらゆる方向から全身の細部に負荷をかけ、短時間で効率的なエクササイズをすることが可能な機器です。身体本来の機能や可動域を効率よく鍛えることが可能です。

  • ③HUR(フー)
    ③HUR(フー)

  • ③HUR(フー)

    空圧式筋力トレーニングマシンです。ゼロに近い負荷から細やかな負荷調節が可能で、年齢や身体状況を問わず、多様な方々に幅広いトレーニングを提供できます。

  • ④セラトレーナー セラバイタルティーゴ

  • ④セラトレーナー セラバイタルティーゴ

    上肢・下肢用のトレーニング機器です。上下肢運動に対し補助または抵抗しつつトレーニングすることが可能です。車椅子に座った状態でのトレーニングも可能です。

  • ⑤MOTOmed letto2(モトメド レット2)

  • ⑤MOTOmed letto2(モトメド レット2)

    病気や怪我の発症・受傷後、早期から積極的なリハビリテーションを可能にするエルゴメーターです。仰臥位・座位での上下肢運動に対し補助または抵抗しつつトレーニングすることが可能です。

  • ⑥ニューステップ

  • ⑥ニューステップ

    低負荷から高負荷まで自在に設定でき、有酸素トレーニング、筋力トレーニングが極めて安全・効果的に行える全身運動機器です。

  • ⑦多機能型平行棒 マルチパラレルバー

  • ⑦多機能型平行棒 マルチパラレルバー

    日常の生活環境を意識した歩行訓練が可能で、従来はできなかった室内での坂道訓練やバリアツールを使用した階段昇降訓練など、多様な課題設定の下、実践的なリハビリテーションの提供が可能です。

  • ⑧免荷式歩行リフトPOPO

  • ⑧免荷式歩行リフトPOPO

    体重を免荷しながら使用できる歩行器です。身体の状態に合せて免荷量を調整することが可能で、転倒リスクを大幅に軽減した状態での歩行訓練が可能です。

  • ⑨ニューウェイト

  • ⑨ニューウェイト

    空気圧によって体重を免荷することができる免荷システムです。身体の状態に合せて免荷量を調整することが可能で、転倒リスクを大幅に軽減した状態での歩行訓練が可能です。

  • ⑩レッドコード

  • ⑩レッドコード

    運動時、上下肢・頸部・体幹等を懸垂することで多様なポジションをとることが可能で、関節可動域、筋力増強、スタビリティトレーニング、各徒手的療法等が安全かつ効果的に実施できます。

  • ⑪エンダモロジー キーモジュール

  • ⑪エンダモロジー キーモジュール

    ローラーと吸引装置を装備したヘッドでの施術により、様々な物理治療効果を得ることができます。疼痛緩和、鎮静作用、リラクゼーション、ストレス解消等の効果が期待できます。