外科・消化器外科

当科の特徴(概要)

消化管疾患、肝胆膵疾患を主として担当する外科診療科です。 胃がん、大腸がん、肝がん、膵がん、胆石症、消化管の良性疾患、鼠径・腹壁瘢痕ヘルニアなどには、積極的に腹腔鏡下手術を取り入れていおり、疼痛の少ない、体に優しい手術を心掛けています。

  • 外科医師チーム外科・消化器外科医師

  • 日頃より消化器内科、放射線科、内視鏡部および病理部と連携し、総合的診療体制で臨んでおり、総合病院の強みを生かして、脳・心疾患、糖尿病、腎疾患の合併を持った患者さんや、心臓血管外科、整形外科、形成外科との連携が必要な手術も行います。

    また、外科手術だけでなく、緊急手術を含む救急医療、内視鏡治療、化学療法、栄養療法、緩和ケアにも携わり、医師、看護師だけでなく、治療にかかわる全スタッフが力を合わせて、地域の皆様へ最善の医療を提供致します。

対象疾患・症状

代表的な消化器外科の疾患は、 食道がん、逆流性食道炎、食道アカラシア、胃がん、胃・十二指腸潰瘍、大腸がん、大腸憩室、直腸脱、潰瘍性大腸炎、クローン病、痔核、裂肛、肝がん、膵がん、膵炎、胆道がん、胆石症、胆のう炎、総胆管結石症、鼠径ヘルニア腹壁瘢痕ヘルニアや虫垂炎、腸閉塞、体表面の腫瘤、外傷などがあり、当科で幅広く対応しております。

専門外来・センター

肝胆膵疾患センター

  • 肝胆膵疾患の診断、治療は専門性が高く、内科、外科、内視鏡科、放射線科の総合力を要することが多くなってきています。当センターの特徴として各科協力のもと入院は内科外科合同病棟とし、あらゆる疾患に対して迅速かつ適切に対応できるようにしています。

    週1回合同カンファレンスを行い、主に術前症例、治療困難症例を検討しています。外来では肝胆膵脾疾患の専門外来を開いており、胆嚢炎、胆管炎等緊急を要する疾患に対しては随時対応させていただいています。 肝疾患は肝炎、肝硬変、原発性肝癌、転移性肝癌、肝嚢胞、肝内結石、肝膿瘍、胆道疾患は胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープ、胆管拡張症、胆管炎、胆管結石、胆道癌(肝門部胆管癌、胆嚢癌、胆管癌、乳頭部癌)、膵疾患は膵炎、膵癌、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMT)、膵内分泌腫瘍、脾疾患は脾腫瘍、特発性脾機能亢進症、特発性血小板減少性紫斑病など脾臓摘出が必要な疾患を主に対応しています。

黄疸を伴う疾患において、肝炎、肝硬変による黄疸は内科的治療を、胆汁の流れが不良で生じる閉塞性黄疸は画像診断を当日行い、内視鏡的治療を含めた減黄を病態と侵襲に応じ、各科の特徴を生かしながら行っています。

癌の治療において、肝癌ではラジオ波凝固療法、手術、肝動脈塞栓術、放射線治療、胆道癌では手術、化学療法、膵癌では手術、化学療法、放射線治療等集学的治療を施すことが多くなっています。また、緩和ケア、栄養療法にも力を入れ治療にあたっています。

肝胆膵脾専門外来

「肝胆膵脾専門外来」とは、肝臓がん・胆道がん・膵臓がんの診断・治療(手術、化学療法、放射線治療)を中心に、胆石症や他肝胆膵脾疾患の診断治療を行います。詳しくはこちらから

診療実績

消化器外科手術件数

消化器外科手術件数

疾患別手術件数

疾患別手術件数