肝臓がん|外科・消化器外科

肝臓癌の種類

肝臓癌には、肝臓自体から発生する原発性肝癌と、肝臓以外の臓器から発生した癌が肝臓に転移した転移性肝癌があります。原発性肝癌には、肝細胞から発生する肝細胞癌と肝臓内の胆管細胞から発生する肝内胆管癌(胆管細胞癌)があり、肝細胞癌が原発性肝癌のおよそ95%、肝内胆管癌は4.5%を占めます。転移性肝癌は、肝腫瘍の中で最も頻度が高い腫瘍です。肝臓は肺に次ぐ転移の好発臓器であり、悪性腫瘍は発生部位や種類に関わらず肝転移を来たす可能性があります。

肝臓癌の症状

肝臓は“沈黙の臓器”といわれ、肝臓癌が増大し腹部にしこりの存在を感じる、破裂して腹痛が起こるといった稀な事例はありますが、基本的には症状はありません。そのため早期に肝細胞癌を見つけるためには自ら進んで検査を受けることが大切です。特にHCVおよびHBVに感染している人(慢性肝炎)は肝細胞癌が発症しやすいため、定期検診が必要となります。また、常習的に飲酒をしている人や非アルコール性脂肪肝炎の人も定期検診を受けることをお勧めします。肝内胆管癌は肝臓内の胆汁の流れが悪くなることによって、皮膚や眼球が黄色くなる「黄疸」が見られることがあります。

検査

血液検査による腫瘍マーカー測定や超音波検査、CT検査、MRI検査などで診断を行います。CT検査の際に用いる血管造影剤は画像診断能力を向上させますが、アレルギーのある方や腎機能障害のある方、気管支喘息の既往をお持ちの方は使用できない場合があります。MRIはEOB・プリモビスト造影剤を用いて検査を行います。

治療方法

腫瘍の大きさや数、肝臓内の部位、肝臓の障害度、肝臓外への転移の有無等により治療方針を決定します。

1.肝切除

肝臓癌は手術により取り除く(切除)方法が最も確実な治療方法と考えられています。しかし、肝臓は切除した後に機能不全をきたす可能性があるため、肝臓の機能(障害度)に合わせて切除できる肝臓の大きさが異なります。治療方針を考える上で、切除が可能かどうかを十分に検討して切除術式を決定します。その結果、切除不可能と判断して他の治療方法を選択する場合もあります。切除方法に中には、腹腔鏡手術も選択肢の一つとして検討します。

2.アブレーション

マイクロ波凝固療法(MCT)、ラジオ波焼灼(RFA)、経皮的エタノール注入療法(PEIT)などが挙げられます。体の表面から皮膚を通して、もしくは手術により直接肝臓に針を刺して腫瘍を含めた肝臓の一部を壊死させる治療方法です。切除と比べて肝臓に与える影響が少ない治療方法です。

3.肝動脈塞栓療法(TAE)

血管内カテーテルを用いて腫瘍を栄養する肝動脈を塞栓物質により閉塞、腫瘍を壊死させる治療方法です。塞栓物質に抗癌剤を加えるTACEと呼ばれる治療も行っています。

4.化学療法

肝細胞癌の治療薬としてソラフェニブという分子標的薬が用いられます。手術による切除やアブレーション、TAEなどの治療が不可能な場合に選択される治療方法です。また、他の臓器への転移が診断された場合にも用いられます。胆管細胞癌に対する化学療法は、TS-1の単剤療法もしくはゲムシタビンとシスプラチンの併用療法が行われます。転移性肝癌の場合は原発の癌に準じた化学療法が選択されます。

5.肝移植

肝細胞癌が「3cm・3個以内」または「5cm・単発」である場合、肝移植が選択されることがあります。この治療は限られた病院での治療であり、当院では肝移植は施行していません。肝移植が最適と判断した場合は治療が可能な病院へ紹介いたします。

ラジオ波治療のCT映像の様子出典:一般社団法人 日本肝臓学会「肝癌診療ガイドライン」より