ホーム 導入している先端医療機器 3.0T(テスラ)MRIとは

短時間の検査と高解像度な画像化を実現したMRI

3.0T(テスラ)MRIとは

3.0T(テスラ)MRIとは 検査の流れ

3.0T(テスラ)MRIとは

短時間の検査と高解像度な画像化を実現したMRI

  • MRIとはMagnetic Resonance Imageの略で磁気共鳴画像と呼ばれています。
    T(テスラ)は磁力の単位を表す言葉で、3.0Tは診断で使用できるMRI機器の中で最も強力な磁力を有しています。

使用装置

当院では、1.5TのMRI装置(SignaHDxt1.5T:GE Healthcare社製)と3.0T(Discovery750w 3.0T:GE Healthcare社製)のMRI装置が3台稼動しています。

Discovery750w 3.0Tの特徴

高解像度な画像により正確な診断が可能

従来のものに比べ、非常に強力な磁力線と電波を利用し、全身の微細な病変を時間短縮または、高画質化を実現しました。 高解像度画像により、より小さな異変も発見しやすくなり、もしくは気づきやすくなり、早期発見・早期治療に貢献しています。 また、造影剤を使用することなく、1.5T MRIと比較して、より末梢の血管の撮像ができるようになったことで検査中の身体への負担を軽減することができます。


閉塞感を和らげます

今までのMRI装置と比べて、検査空間が70cmと広い開口径なので、閉塞感が軽減されます。

このページの先頭へ戻る▲