ホーム 導入している先端医療機器

最高水準の先端医療サービスを実現するための高度医療機器

導入している先端医療機器

最先端医療機器の導入にあたり

南東北グループでは、PETを用いたがん検査をいちはやく導入、さらに陽子線治療やガンマナイフ、最新リニアック(IMRT)治療などを通して世界でも最先端の放射線医療を実践してきました。こうした実績の上に導入されるのがサイバーナイフです。脳腫瘍ならびに頭頸部のがんなどに対して、低侵襲かつ最適な治療法の選択肢が飛躍的に拡大します。

新百合ヶ丘総合病院では、最先端の医療機器や技術の導入と知識の習得に努め、先進医療や高度な予防医学の実践、さらには脳・心臓循環器救急やがん治療に貢献するという社会的使命を果たし、予防と診断、治療の面から皆様の健康を支え、首都圏における”最良の安心”となるべく努めてまいる所存です。

新百合ヶ丘総合病院が導入している最先端医療機器

このページの先頭へ戻る▲