ホーム 導入している先端医療機器 O-armイメージングシステム:対象となる症状・患者さんのメリット

精密な3D画像で確認しながら手術を実現するナビゲーション装置

O-armイメージングシステム 対象となる症状

O-armイメージングシステムとは 対象となる症状・患者さんのメリット 受診の流れ・当院の実績

対象となる症状 O-armイメージングシステムで行う手術

  • 脊椎固定術を必要とする疾患:
    脊柱側弯症、脊椎骨折・脱臼、胸椎椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症など

    危険な合併症を回避するために使用する必要がある疾患:
    環椎軸椎亜脱臼等の頭蓋頸椎移行部病変、頸椎後方固定術を必要とする頸椎後縦靭帯骨化症、変形性頚椎症

患者さんのメリット

合併症の可能性が高い困難な手術を安全で正確に行うことができます。

使用部位

主に脊椎脊髄手術に使用します。当院、脊椎脊髄末梢神経外科にご相談下さい。