da Vinci ダビンチとは|導入している先端医療機器

ダビンチイメージ

低侵襲ロボット支援手術とは

  • 低侵襲ロボット支援手術は患者様の負担が少ない腹腔鏡手術と同じようにいくつかの小さな切開部を作り、外科医の操作に従って内視鏡・メス・鉗子を 動かして行う内視鏡手術です。

低侵襲手術支援ロボット ダビンチ(da Vinci) Xⅰの特長

  • ダビンチの機能をわかりやすく動画でお伝えしています

  • ダビンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発されました。高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像のもと、人間の手の動きを正確に再現する装置です。術者は鮮明な画像を見ながら、人の手首よりはるかに大きく曲がって回転する手首を備えた器具(鉗子)を使用し、精緻な手術を行うことができます。
    ロボット支援手術は完全に医師の操作によって実施されます。

ダビンチはサージョンコンソール、ペイシェントカート、ビジョンカートの3つの機器によって構成されています。

  1. 「サージョンコンソール」とよばれる操縦席に座り、3D画像を見ながら手元のコントローラーを操作します。
  2. 「ペイシェントカート」の4本のロボットアームにその動きが伝わります。
  3. 「ビジョンカート」のモニターに手術中の画像が映し出され、手術スタッフも同じ画像が共有されます。

低侵襲ロボット支援手術の特長

  • 数カ所の小さな切開部から手術を行うため、傷が小さく、出血も抑えられ、手術後の回復が早く、患者様の負担が軽減されます。

2. 鮮明な3D(3次元)画像

  • コンソールモニターには高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。

3. 精密な動きを再現

  • 医師がロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。ダビンチの鉗子はリスト構造を持ち、人間の手より大きな可動域と手ぶれ補正機能を備えています。

ダビンチ手術とは

ダビンチ手術とは、アメリカのインテュイティヴ・サージカル社が開発した手術支援用ロボット「ダビンチ」を用いた手術のことです。日本では、2006年に東京医科大学が初めて導入しました。。新百合ヶ丘総合病院の泌尿器科では、1,500例を超える日本最多のロボット手術経験を有しています。導入から10年以上が経過しまして、現在は日本全国に300台近くの「ダビンチ」が各種病院、大学に導入され、ダビンチ手術は一般的な手術となってきました。

ダビンチ手術を行うに当たっては、まず詳細な手術解剖、そしてそれを念頭においた精密な手術を実行できる技術が必要になります。技術は練習あってこそだと思いますので、日々の練習は欠かさずに行っています。「ダビンチ」は3Dで視野を見られるのですが、その3Dは肉眼で見る通常の世界とは少し異なっています。その微調整が自然と体に馴染んでくるまでには時間がかかります。触覚はありませんが、どの程度の力で押すと、どの程度へこむかということは経験上分かってきます。その視覚から入ってくる情報が頭の中で変換されて触覚となります。これを「バーチャルな触覚」と呼んでおり、このバーチャルな触覚を体得せずには患者さんの手術はできません。

この手術のメリットとしましては、何といっても器用な操作ができる、ということです。人間の手で行う開放手術では大きな鉗子(刃のない鋏のような形をした金属製の手術器具)を使用しますが、このロボットは小さな鉗子を遠隔操作できるので、骨盤の中など狭いトンネルのような場所でも、ターゲットとしている部位に直接アプローチすることができるのです。非常に繊細で緻密な手術操作が可能なのです。結果として、出血の少ない、患者さんの体にやさしい手術ができるわけです。

また鉗子を入れる傷がとても小さいので、術後の回復が早く、社会復帰が早くできるというメリットもあります。前立腺がんの手術ですと10日ほどで退院できます。よく患者さんに「退院したら、翌日ゴルフに行ってもいいですよ」とお話ししています。こんなことは今までの手術ではありえなかったことで、いかに体にやさしい手術かということが分かると思います。

当院では、より侵襲が低く安全性の高い手術を目指して日々切磋琢磨しております。また思いやりを持って患者さんに接することを心がけています。親切・丁寧な分かりやすい言葉で、すべての情報を患者さんに提供します。セカンドオピニオンも広く受け付けておりますので、何かお悩み事がございましたらぜひご相談ください。