地域情報誌 タウンニュース 2021年07月号 掲載記事より

怖くない歯科口腔治療

歯科口腔外科 医長
増田 智丈

  • 歯ぐきの麻酔注射が怖い人はたくさんいます。まして、歯を抜いたり骨を削ったりする口腔外科処置は聞いただけで怖くなってしまいます。

そのような恐怖や不安を解消するために、様々な麻酔方法で対応することがあります。笑気鎮静法や静脈内鎮静法は、寝ている間に治療が終わるような感覚で治療を受けることができます。心疾患などを有する患者さんに対しても、リラックスした状態で手術を行うことができます。

また、血をさらさらにするような薬を飲んでいる患者さんは、帰宅後の夜間に出血の心配があります。内服薬を続けたままでも、1泊程度の入院をしながら処置をすることができます。

患者さんの希望に沿って、「怖くない」処置を相談いたします。