「脂肪肝ドック」とは

「脂肪肝ドック」とは


  • ウイルス性肝炎(B型、C型肝炎)は、長らく日本人の肝臓病の中心でした。
    その治療が 大きく進歩し、制圧が可能になってくるにつれ「脂肪肝」への注目度が高まっています。
    脂肪肝はアルコール性と非アルコール性に分類されますが、非アルコールの中に NASH(ナッシュ:非アルコール性脂肪肝炎)という油断できない疾患があります。
    日本人の3~5%に認められ、男性では30~40代、女性では50歳以降で急増します。
    肝臓に脂肪が沈着するだけでなく炎症が加わり、進行性に悪化します。
    また、肝硬変や 肝臓がんを合併することもあります。
    肥満傾向の方やかつて脂肪肝を指摘されたが放置している方など、
    ぜひ一度 「脂肪肝ドック」をご検討ください。

  • 写真A

    写真B

  • 「ドックの内容」(写真B参照)

    ・血液検査で肝機能を評価するとともにウイルス性肝炎(B型、C型肝炎)の有無をチェックします。
    ・MRエラストグラフィーを用いて、肝臓への脂肪の付き具合や肝臓の硬さ(肝硬変への進み具合)を数値で評価します。
    肝臓腫瘍などあればもちろん判ります。

    「MRエラストグラフィー」とは(写真A参照)

    脳ドックなどでお馴染みのMRI(核磁気共鳴画像法)のため、ほとんど苦痛はありません。
    箱形のアクティブドライバーで空気振動を発生させ、円盤状のパッシブドライバーを通じてお腹に振動を加えながら撮影します。肝臓の硬さの分布をカラー表示で示すことも可能です。

    費用

     38,500円(税込)