呼吸器内科

当科の特徴(概要)

呼吸器内科が担当する疾患は、肺炎・結核などの感染症、喘息をはじめとしたアレルギー疾患、肺癌をはじめとした腫瘍性疾患、COPDといった喫煙関連疾患、さらに間質性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群などと多岐にわたります。外来には非常勤医師も含め、各分野の第一人者が診療に携わっており、幅広い領域で質の高い診療を行っております。また呼吸器外科と協力し、各疾患の集学的治療もおこなっております。

対象疾患

感染症(肺炎、結核など)
アレルギー疾患(喘息など)
腫瘍性疾患(肺がんなど)
COPD(喫煙関連疾患)
間質性肺疾患

専門外来

禁煙外来

「禁煙外来」では、禁煙を希望している人を対象とした専門外来です。ニコチン依存状態から抜け出し、たばこをやめるためのサポートをします。詳しくはこちら

喘息・アレルギー専門外来

「喘息・アレルギー専門外来」成人気管支喘息また近年増加している慢性の咳症状(咳喘息など)の診断・治療を行っております。詳しくはこちら

CPAP(シーパップ)専門外来

「CPAP(シーパップ)専門外来」睡眠時無呼吸症候群の症状のある初診・紹介患者様の外来診療です。詳しくはこちら

検査内容

肺がん検査の種類

健康診断など

・X線検査(レントゲン)
・喀痰細胞診
・血液検査(腫瘍マーカー)

鑑別診断

・CT検査

確定診断

・気管支鏡検査
・胸腔鏡検査
・経皮肺生検

確定診断後~治療中

・遺伝子検査
・X線検査(レントゲン)
・CT検査
・MRI検査
・骨シンチグラフィー
・PET

「肺がん検査の種類」について詳しくはこちら