地域情報誌 タウンニュース 2023年6月15日号 掲載記事より

本当は怖い鼠径(そけい)ヘルニア

消化器外科 力石 健太郎 医師

本当は怖い鼠径(そけい)ヘルニア

  • 本当は怖い鼠径(そけい)ヘルニア
  • 「鼠径ヘルニア」は、一般に「脱腸」と呼ばれています。立ち上がった時やお腹に力を入れた時に、足の付け根(鼠径)が膨らむことが特徴です。痛みを伴わないことが多く、手で優しく押すとお腹の中に戻っていきます。

しかしながら、ときに脱出したまま戻らなくなってしまうことがあり(「嵌頓(かんとん)」といいます)、腹痛・嘔気・嘔吐などの症状が出現します。万が一嵌頓してしまった場合には、緊急手術が必要になってしまいます。

鼠径ヘルニアの治療法は手術しかありません。近年は腹腔鏡を用いた手術が主流です。所要時間は約1時間で、数日間の入院で治療することが出来ます。

鼠径ヘルニアは、嵌頓する前に治療したい病気です。脱腸を自覚したら、まずは病院を受診してください。

タウンニュースコラム一覧