外傷再建センター

外傷再建センターについて

我々は本気で外傷再建治療をします
  • 新百合ヶ丘総合病院 外傷再建センター

  • 「外傷センター」と「外傷再建センター」の違い

    外傷患者の約47%が整形外傷患者であると言われており、救急外来・救命センターに搬送された外傷患者さんは、最も多い整形外傷治療において順調にいっても治療に数ヵ月を要します。

    社会復帰する患者さんがいる一方、術後感染などにより数年に及ぶ治療や機能障害をかかえて生きていくことになる患者さんもおられるのも事実です。こうした経過の分かれ目は、受傷初期から機能回復までの中長期的な「専門的外傷再建治療」にかかっています。

    社会復帰を想定して治療にあたれるか否か?
    この点が主に急性期に特化した一般の「外傷センター」との違いです。

外傷再建センターチーム外傷再建センターチーム

外傷再建治療の歯車が正確にかみ合っていること

外傷再建治療の歯車は正確にかみ合っていることが重要で、医師・看護スタッフ・患者さんの協力が不可欠です。単純に技術を寄せ集めただけでは治療を完遂できません。

全国的にも珍しく、単一グループで一貫して皮膚~骨まで幅広い外傷治療が行える強みを生かし「他院で感染した」「骨折が治らない」など外傷後の後遺症・難治性骨軟部感染症の治療も行っております。

対象疾患・症状

  1. 難治性骨折・感染性偽関節
  2. 重症関節内骨折・関節外科
  3. 多発外傷・骨盤外傷
  4. 手外科
  5. 重度四肢開放骨折・組織損傷
  6. 切断四肢の再接着・再建治療

主な治療法

骨再生難治骨折

医師紹介

  • 松下 隆医師

  • 外傷再建センター センター長

    松下 隆
    まつした たかし

    専門分野/得意な領域
    外傷、骨折、四肢骨再建、イリザロフ法、肘関節外科

骨再建・矯正術

緩徐延長 + 一期矯正術

  • 右下肢が外傷より40度ねじれ、1cm短く骨癒合してしまっている症例です。この障害を創外固定による骨再生で矯正治療しました。 矯正後は、左右対称に修正されているのがわかります。

医師紹介

  • 澤口 毅 医師

  • 外傷再建センター 骨盤・関節再建部長

    澤口 毅
    さわぐち たけし

    専門分野/得意な領域
    多発外傷骨盤外傷、関節外科

重症関節内骨折・関節外科

労働災害,右大腿粉砕骨折

多発外傷で肝損傷も伴っていたため,一次的創外固定後に髄内釘に交換。
迅速良好な骨癒合が得られました。

重度外傷再建

医師紹介

多発外傷・骨盤骨折とは?

多発外傷とは、交通事故に代表される「高エネルギー」により全身に強い外力が加わって身体に複数箇所の外傷を生じた状態です。とりわけ、四肢だけでなく内臓を守る骨盤の骨折は腹部内に出血し生命に危険を及ぼす重症骨折です。

骨盤骨折にはこうした交通事故のように大きな外力外傷によって生じる骨盤の環状構造が破綻する骨盤輪骨折と、股関節の関節面を形成する寛骨臼が骨折する寛骨臼骨折と、主に成長期のスポーツ外傷によって生じる筋肉の付着部が裂離する裂離骨折があります(日本骨折治療学会より)。 前述の不安定型骨盤輪骨折は、出血性ショックを呈し、生命に危険が及ぶこともある重度骨盤外傷です。輸血はもちろんのこと、止血術やダメージコントロールで全身状態を安定化させた後に、体内固定金属材にて最終的な内固定をおこないます。その後、合併症がなければ、積極的なリハビリテーションが始まります。

重度四肢外傷再建術とは?

皮膚から筋・腱・骨格・神経・血管にいたる損傷を修復する治療を指します。

採取した自己組織を移植することで、損傷部位を直接補填する究極の治療技術です。なかでも、自己組織移植・組織補填治療は、外傷治療における感染率・治療成功率ともに大きく改善させました。

こうした外傷再建技術による効果は劇的であり、昔なら切断となる四肢外傷例でも温存できる可能性があります。

手・上肢外傷再建とは

  • 手・上肢外傷再建とは
  • 手や上肢の機能は下肢の機能とは明らかに違います。
    人間の手と猿の手の違いは何でしょうか。人間では神経障害によって猿手という病態になることからわかるように、母指(親指)の発達が猿との大きな違いとなります。この母指の発達によって人間らしく生活できるのです。

  • 手・上肢外傷再建とは
  • また足の指と違って手の指では知覚機能が重要となります。手の知覚は人間らしい高度な機能を発揮するために必要不可欠となります。

  • 手・上肢外傷再建とは
  • その手を正確な位置に運ぶのが関節(指関節・前腕・肘関節・上腕・肩関節)であり、その機能も重要となります。そのため手の機能を最大限に発揮するためには、上肢全体を1つの機能単位と考えて再建治療を行うことが必要となります。

  • 手・上肢外傷再建とは
    手・上肢外傷再建とは
  • さらに手は顔と同様に人目につく場所であり美容的な重要性を持っています。そのため手の障害や醜形は人間の心理に大きく影響するのです。 また手は握手や手話などのように社会的な役割も担っており、われわれ人間のQOL(Quality of Life)に直結します。

このように上肢の機能目標は下肢とは異なるため、外傷再建治療においてもその点を考慮することが必要となります。