脳血管内治療センター|脳神経外科

脳血管内治療とは

脳血管内治療という治療方法をご存じでしょうか?

  • これはカテーテルという細い管を血管の中に通して病気の部位(頭や頚の血管)まで進めていき、いろいろな薬や道具を使って血管の中から病気を治療する方法です。
    この治療の利点は、脳を圧迫したり触れたりしないために、脳への影響が少ないこと、また開頭手術では治療が困難な部位でも到達が可能になってきたこと、さらに皮膚を切開しないため、患者さんにかかる負担が少ないことがあげられます。


    脳血管内治療の対象になるのは、大きく出血性の病気虚血性の病気に分けられます。
    出血性の病気としては、クモ膜下出血の原因となる 脳動脈瘤が代表的で、他に脳動静脈奇形硬膜動静脈ろうなどがあります。

これらの出血性の病気の中では脳動脈瘤に対する治療が最も多く、プラチナで出来た微細なコイルを用いて動脈瘤を鋳型状に埋めてしまう 治療(コイル塞栓術)を行います。
一方、虚血性の病気としては、脳梗塞の原因となる 頭蓋内や頚部の血管狭窄があります。これらについては将来の脳梗塞を予防するために、狭窄部分を拡張させる治療(血管形成術やステント留置術)を行います。
また、突然頭の中の血管が閉塞して起こる脳梗塞では、発症間もない(発症から4.5時間以内)場合には組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA) という血栓溶解薬の点滴で治療を行いますが、この薬の効果が得られないときや、頭の中の太い血管の閉塞が確認された場合などでは、ステント型の血栓回収器具を閉塞した血管まで誘導して血栓を除去する治療(血栓回収療法)を行うこともあります。


こうした治療は、もちろんすべての患者さんに行うことができるわけではありません。患者さんの年齢や体力、発症から来院までの時間、さらに脳動脈瘤ではその位置や形が治療方法を考える上で重要となります。これまで通りの開頭手術の方が、安全かつ確実に治療できる場合も少なくありません。
そのため、血管内治療と開頭手術の両面から十分な検討を行った上で、 「患者さんに最も適した方法をより低侵襲で」をモットーに治療することを心がけています。脳ドックなどで脳動脈瘤や頸動脈狭窄を指摘された方、治療方法などで悩まれている方など、ご相談事に応じますのでお気軽に外来を受診ください。お話しをしながら一緒に考えてみましょう。

  • 研修施設認定証

  • 2020年4月1日から2021年3月31日まで
    特定非営利活動法人日本脳神経血管内治療学会
    専門医制度による研修施設として認定されました。

脳血管内治療の対象疾患

  1. 脳動脈瘤
  2. 内頚動脈狭窄
  3. 脳動静脈奇形 (AVM)
  4. 硬膜動静脈ろう
  5. 脳腫瘍(髄膜腫など)
  6. 急性期脳梗塞(脳主幹動脈閉塞)

治療の分類

緊急手術

  1. クモ膜下出血(破裂脳動脈瘤)
  2. 脳梗塞(脳主幹動脈閉塞の発症8時間以内)

予定手術

  1. 未破裂脳動脈瘤
  2. 内頚動脈狭窄
  3. 脳動静脈奇形
  4. 硬膜動静脈ろう
  5. 脳腫瘍

緊急手術の場合は患者さんの状態により、治療が効果的と考えられるならば、直ちに治療を開始します。予定手術の場合には、外来で、あるいは入院して十分な検査を行い、治療が望ましいと判断される場合に手術を行うことになります。

特に最近では脳ドックをはじめとした検査により、無症候(全く症状がなく、偶然発見される異常)で病気が見つかる場合も少なくありません。このような場合、普段の生活をおくる上で問題となる症状はありませんので、治療を行うかどうかについては、あわてずに十分に考える必要があります。

血管内治療は、一般的に開頭手術にくらべて身体への負担は少ないですが、それが安全を意味しているわけではありません。頭の中までカテーテルを挿入し、それをミリ単位で操作するという非常に繊細な治療となります。手術である以上、どんなに注意深く行っても、確率は低いですが治療合併症も起こりえます。特に症状がなく、偶然に発見された病気の場合には、この点をよく考えて、治療が望ましい場合のみ手術を行うというスタンスで診療にあたっています。

医師紹介

  • 柘植 雄一郎
    脳神経外科(脳血管障害部門) 部長

    札幌医科大学 卒業
    日本脳神経外科学会専門医/日本脳卒中学会専門医・指導医/日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 藤本 道生
    脳神経外科(脳血管内治療部門) 部長

    昭和大学医学部 卒業
    日本脳神経外科学会専門医・指導医/日本脳卒中学会専門医・指導医/日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医/宇宙航空医学認定医
  • 森谷 匡雄
    脳神経外科 医長

    昭和大学医学部 卒業
    日本脳神経外科学会専門医・指導医/日本脳卒中学会専門医・指導医/日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医/日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 岡本 紀善
    脳神経外科 科長

    札幌医科大学 卒業
    日本脳神経外科学会専門医・指導医/日本脳卒中学会専門医・指導医/日本脳神経血管内治療学会専門医/日本リハビリテーション医学会認定臨床医