2020年4月号 栄養管理科コラム

今月の行事食「春」

栄養管理科 山室 美紗恵

新百合ヶ丘総合病院の行事食 春


4月10日 テーマ「春」

【メニュー】・ごはん ・若竹汁 ・まぐろづくし ・菜の花の煮浸し ・桜餅


3月の終わり頃に季節外れの雪がふりましたが、だんだんと穏やかな春らしい陽気になってきました。行事食として春を感じて頂けるようなメニューを提供しました。



新百合ヶ丘総合病院では毎月2回行事食を提供しています。
 旬の食材を使用したメニューや行事にちなんだ料理を提供し季節を楽しんでいただけるようなお食事作りを心がけています。

栄養メモ


【たけのこ】

たけのこは、竹の地下茎から出る若芽のことです。
ロイシン、アスパラギン酸、グルタミン酸、などのアミノ酸が多く、これらがうまみ成分となっています。必須アミノ酸のロイシンは運動時のエネルギー源となり、疲労回復におすすめです。

【必須アミノ酸とは】

3大栄養素の一つ、たんぱく質は筋肉・内臓・血液・骨格・皮膚等の材料です。そのたんぱく質は20種類のアミノ酸で構成されています。20種類のうち、体内では合成できない9種類を必須アミノ酸といい、食事で摂取する必要があります。

必須アミノ酸はイソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・トリプトファン・バリン・ヒスチジンの9種類です。1つでも不足すると、他の必須アミノ酸が働くことができません。

必須アミノ酸を多く含む食品は肉類・魚類・乳製品です。アミノ酸の種類と量は食品によって異なるため、食品を組み合わせて摂ることが大切です。

食事は偏りなく、バランスよく摂取しましょう。


<参考図書:栄養の基本がわかる図解事典:成美堂出版、最新決定版 栄養がわかる体によく効く食材事典:学研プラス、日本食品成分表7訂>