ホーム 医療コラム 高齢者の膝の痛み

2017年11月号

高齢者の膝の痛み

整形外科/三橋 祥太

膝の痛みは多くの人が経験する症状

多くの中高年者が悩まされる膝の痛み。たいしたことないと思っても膝関節の病気である可能性も少なくありません。そのなかでも半数以上が変形性膝関節症と呼ばれる病気です。今回は変形性膝関節症の治療の最前線を中心に解説します。

変形性膝関節症とは?

膝関節は大腿骨と脛骨の二つから成り立つ関節ですが、これが滑らかに動くために関節の中には関節軟骨半月板といった名前のクッションが存在しています。私たちの膝関節は車のタイヤと同じように消耗品です。走行距離や負荷が強ければ車のタイヤが減っていくように、加齢や肥満によりクッションの役割を果たしている膝の軟骨がすり減って痛みを引き起こします。これが変形性膝関節症です。

高齢者の単純X線で膝の軟骨がすり減っていると言われてもすぐに治療が必要な訳ではありません。しかし、痛みを我慢して長い期間ほっておくとやがて歩けなくなり、車いすや寝たきりの生活になる可能性もあります。

変形性膝関節症の治療法

1. 保存療法

変形性膝関節症と診断されたらまず基本となるのは運動療法薬物療法です。初期の状態であれば運動療法で太ももの筋力を強化したり、痛み止め内服ヒアルロン酸注射をしたりすることで、膝関節にかかる負担が軽減され炎症が落ち着くことが報告されています。しかしながら、半年近く保存加療を続けているのに痛くて夜も眠れない、買い物にいけない、スポーツができないという方には手術という選択肢も必要です。

2. 手術療法

日本人の多くはO脚のため、膝の内側の軟骨がすり減ることが多いです。そのため、手術の目的は、荷重のバランスを整えることと痛んだ軟骨をどうするかということになります。

高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)

膝関節の変形が少なく軟骨のすり減りが比較的軽度の場合、膝のアライメントを矯正する高位脛骨骨切り術という手術を行います。メリットとしては、自分の膝を残せるため、スポーツ活動を継続することができます。しかし、痛んだ内側の軟骨は自己再生による修復に期待されるため、歩いて帰るまでに1ヵ月程度時間がかかります。

人工膝関節置換術

膝関節の変形が強く、軟骨が残っていない場合、悪くなった所を人工関節に変える手術をします。人工関節置換術は悪くなった膝を金属とポリエチレンでできた人工物に取り替える手術です。自分の膝ではないため、多少の違和感がありますが、痛んだ軟骨は金属に置換されるため痛みは比較的早期になくなり歩いて帰るまでには3週間程度となります。

膝関節痛といってもさまざまなのでここで解説したことはあくまでごく一部です。もし、膝の痛みに悩まれるようであれば検査しに一度当院へお越し下さい。