地域情報誌 タウンニュース 2021年11月号 掲載記事より

コロナと糖尿病

糖尿病・内分泌代謝内科 部長
西野 和義

  • 2年近く続いたコロナ騒動も最近やっと落ち着いてきたようですが、今後第6波が来る予想もあり、まだ完全には安心できません。

糖尿病患者はコロナに感染しやすく、また重症化しやすいと言われますが、本当でしょうか。これまで発表された多くの医学論文では、血糖コントロールが不良であれば感染や重症化のリスクは高くなるが、良好であれば健康人と変わらないとされています。現在、糖尿病をお持ちで血糖の良くない方は、今のうちから第6波に備えてコントロールのための努力をしましょう。

コロナ禍では巣ごもり生活から生活習慣が乱れ、血糖の乱れや体重増加をきたしがちです。マスク装着や手洗いなど基本的な感染予防を守り、人との距離を保っていれば大丈夫なので、もっと歩行を心がけましょう。