新百合ヶ丘総合病院

病院からのお知らせ

【重要】当院リプロダクション外来通院中の患者さんへ2020.04.06

 昨今の新型コロナウイルス感染拡大により、皆様におかれましては大変ご不安にお思いのことと心中ご察しいたします。
 この度、2020年4月1日に日本生殖医学会より、不妊治療に関する声明が発表されました。
 新型コロナウイルス感染症は世界的な広がりをみせており、日本国内においても感染爆発の可能性が危惧されています。現時点において、新型コロナウイルスの妊娠や胎児に及ぼす影響は不明な点が多く、また妊娠後に万が一感染してしまった場合、使用薬剤など含め治療に苦慮することが予想されます。このような背景から、今後国内で新型コロナウイルス感染症の急速な拡大の危険がなくなるまで、もしくは妊娠時に使用できる新型コロナウイルス感染症の予防薬や治療薬が開発されるまでを目安に人工授精、体外受精・胚移植、妊娠を目的とした外科手術などの治療に関して、治療の延期を選択肢として患者様に提示することを推奨するというものです。


 そこで当院では基本的に、以下のような推奨をさせていただきます。患者様におかれましては、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 なお、患者様により状況は異なりますので、担当医とご相談の上、ご判断いただきますようお願いいたします。


① 人工授精、採卵、胚移植、卵管鏡手術などの治療については延期していただく
② 刺激を開始しており、今後採卵、胚移植予定の方には全胚凍結とし胚移植は避ける
③ 凍結融解胚移植予定の方は、事態が収束するまで胚移植を延期していただく


 当院におきましては、病院スタッフの体調管理はもちろんのこと、手洗い、手指消毒徹底など感染予防には十分に注意をしております。
 少しでも早く事態が収束するよう願うとともに、皆様におかれましてもご理解、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


*今後の状況によりましては、変更の可能性がありますことをご了承ください。
 変更がございましたら、ホームページに提示させていただきます。


           2020年4月6日 
           新百合ヶ丘総合病院 産婦人科 リプロダクションセンター


[ 前のページへ戻る ]