産婦人科専攻医|採用情報

募集要項

当院は開院から8年とまだ日が浅い施設ではありますが、地域の救急を担うとともに、地域の分娩体制の改善や婦人科疾患の受け入れを積極的に進め、総合病院として多くの疾患を広い範囲で網羅して対応出来る体制を整えてきました。

当院では産婦人科領域の広範囲の疾患に内視鏡治療を行っています。現在年間約1500件の腹腔鏡手術を行っており、10人を超える日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医が在籍する日本でも有数の症例数を誇る施設に成長しています。有効で低侵襲な治療を行うことを目標としており、悪性疾患の患者さんにはまだ臨床応用されている施設の少ないセンチネルリンパ節生検の手技も先進的に取り入れて来ました。良性疾患についても通常は開腹手術で対応されることが多い膀胱・尿管子宮内膜症・直腸内膜症、また大きな子宮筋腫などに対しても内視鏡で対応を行っています。

内視鏡手術の経験が豊富な施設であることが当院産婦人科の特徴ですが、診療としての質の維持には診療科の相互連携が欠かせません。病理診断科、放射線診断科、外科、泌尿器科との連携をフットワーク良く対応できるのも特徴となっています。

また不妊症治療の成績も、専門クリニックと同等の妊娠成績を維持しています。体外受精の技術のみならず、合併する婦人科疾患について適切なタイミングで迅速に治療が出来ることが総合病院での不妊治療の最大のメリットでありその強みを生かした治療を経験頂けると思います。

ここで産婦人科医として多くの疾患を経験されたい専攻医を募集致します。

研修プログラム

新百合ヶ丘総合病院産婦人科専門研修プログラムについてはこちらからご覧ください。

募集期間

随時


お問い合わせ先

臨床研修担当
shinyuri_kensyu@mt.strins.or.jp
TEL: 044-322-0461
FAX: 044-322-8688