プレスリリース|新百合ヶ丘総合病院

すべては患者さんのために

11月20日新百合ヶ丘総合病院の医師・看護師に
Apple Watchを国内初本格導入

2017年11月17日

2014年8月電波環境協議会が出した「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」により、院内における携帯電話の利用が事実上解禁されました。これによりモバイルを医療・看護の現場で活用しようとする動きが高まりました。今まで多くの医療機関で使用されているPHSをスマートフォンに置き換える医療機関が見られ始めていますが、iPhoneと同時にApple Watchも活用する試みは国内初となります。

新百合ヶ丘総合病院(所在地/神奈川県川崎市、院長/笹沼仁一)では11月20日より、Apple Watchの導入を医療機関では国内で初めて本格導入します。両手が使えるために特に救急医療の現場などで活用が期待されます

1日に多くの電話を受け取る病棟リーダー看護師や手術室・救急センター・ICUなどの医師・看護師にApple Watchの配布を行い、より効率性の高いコミュニケーションを検証していきます。 また、現場の医師の他、各部門の所属長のPHS約200台をiPhoneへ置き換えます。

両手が使えるからウェアラブルウオッチへ

この背景を笹沼院長は「過去には、埋込み型心臓ペースメーカーの電波障害を考慮して、医療機関のなかではPHSが主流でしたが、2014年に携帯電話の使用が医療機関に解禁されてから、患者さんやスタッフの利便性と安全性の面で検討を重ねてきてこの度導入を決定しました。ウェアラブルウオッチは、両手が使えるので医療現場ではとても有功だと考えています。加えて、導入を後押ししたのは多くのアプリです。例えば外国人患者さんとの会話に対応した翻訳アプリを利用したり、スタッフ間ではビジネスコミュニケーションツールであるLINE WORKSを院内のコミュニケーションに取り入れ、迅速で効果的なICT化を目指していきます」と語っています。

iPadをベッドサイドで使用可能

2012年8月の開院時より先進的に国内で初めて全ベッドサイドへ iPadを導入しておりましたが、2017年8月にすべてiPad Proに刷新。 病院施設内のご案内や入院生活の注意点などの他、インターネットや動画を いつでも見ることができ、売店での買物にも使用範囲が拡大する予定です。 今後は、iPadを患者さん・ご家族への検査説明や治療法説明のほか、 外来待ち時間対策などに利用できるシステムを検討しています。

病院のお問い合わせ先

〒215-0026 神奈川県川崎市麻生区古沢都古255 新百合ヶ丘総合病院 /広報課

TEL:044-322-9991  http://www.shinyuri-hospital.com

新百合ケ丘総合病院広報担当/J&Tプランニング 03-5768-7339