ホーム 栄養管理科コラム カフェイン~人気のエナジードリンク、何が問題…?! ~

新百合ヶ丘総合病院

栄養管理科コラム

2018年5月号

カフェイン
~人気のエナジードリンク、何が問題…?!~

若い人たちの間では「エナジードリンク」がすっかり定着し、コンビニやスーパーではお茶と変わらない感覚で買うことができます。一方で、大量摂取による死亡例も出ています。どの様なことに注意したら良いのでしょうか?

エナジードリンクの特徴

眠気覚ましや興奮作用のある「カフェイン」を含んでいる、ビタミン類やハーブ抽出物など機能性を期待する成分を含む、糖類か甘味料で甘く味付けされています。

カフェインの特徴

  • ① 一度に多く摂りすぎると、急性症状(めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え等)が起きます。
  • ② 長期間に多く摂り続けていると、成人:心臓血管疾患リスク、妊娠中:胎児の生育の遅れなどの影響が発生し、場合によっては死に至ることもあります。

カフェインはどんなものに含まれているの?

コーヒー、お茶(特に玉露)、チョコレート、コーラ、栄養ドリンク、鎮痛剤、感冒薬等。

カフェインの安全摂取レベルは?

欧州食品安全機関(EFSA)の摂取目安(日本では摂取目安量の提示はなし)
1度の摂取量:200mgまで/1日摂取上限量:400mgまで/体重1kgあたり3mg、妊婦:1日200mg

カフェインの問題点は?

  • ① カフェインの過剰摂取に繋がりやすい。
  • ② 糖分を摂り過ぎになりやすい。

例)あるエナジードリンクの栄養成分表示(1本:355ml)
  栄養成分表示100mlあたり/エネルギー:50kcal、炭水化物:13g、カフェイン:40mg
 ↓(1本あたりの換算量)
 1本あたり/エネルギー:178kcal、炭水化物:46.2g、カフェイン:142mg

エナジードリンク1本程度なら問題ありませんが、2~3本と他にコーヒーや鎮痛剤等を一緒に摂っていたら…。1日で簡単に500~700mg程度のカフェイン摂取量になってしまいます!! また、エナジードリンクには1本当たり砂糖約大さじ5杯程度含まれます。何本も飲むと糖分の摂りすぎで、肥満や糖尿病のリスクに繋がります。カフェインが体に与える影響は諸説ありますが、1日当たりの摂取許容量(ADI)については、個人差が大きいことなどから、未だ日本を含め世界で設定されていません。ここで言える事「気をつけるのは何事も過ぎない」ということで、飲み過ぎ・過剰摂取は注意しましょう。


身体に役立つ知識:いちごの栄養

いちごと言って思い出すのは冬のクリスマス時期ショートケーキではないでしょうか。
しかしいちごの旬は5~6月(露地物)です。いちごには抗酸化作用(動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下を防ぐ)や皮膚や骨の健康を維持する「ビタミンC」が豊富で、1日3粒で必要なビタミンC量の約半分が摂れる優れものです。水に溶けやすい性質があるため、洗いすぎず洗ったらすぐ食べる様にしましょう。


【新百合ヶ丘総合病院 ある日のお食事】

バックナンバーはこちら