ホーム 専門外来 パーキンソン病外来

パーキンソン病およびその関連疾患の専門外来です

パーキンソン病外来

神経内科学分野の権威である水野医師によるパーキンソン病に特化した専門外来です。

特長

パーキンソン病外来は、パーキンソン病およびその関連疾患の方の外来です。パーキンソン病の他、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症、大脳皮質基底核変性症、血管障害性パーキンソニズム、本態性振戦などが含まれます。症状からいうと、手足のふるえ、歩行障害、動作緩慢、手足の筋肉が固い、よく転ぶ、失神をして転ぶ、手足が勝手に動くなどがあります。こうした症状にお悩みの方は気軽にお声をおかけください。

主な検査

主な検査は、脳のMRIと心臓のMIBGという検査です。
脳のMRIは特徴的な異常を見つけ出すために行います。脳梗塞がないか、被殻、頭頂葉などに萎縮がないかなどを調べます。
心臓のMIBGという検査は静脈に少量のアイソトープを打って、それが心臓にどのくらい取り込まれるかをみる検査です。パーキンソン病では取り込みが悪く、その他の病気では正常です。パーキンソン病では脳のMRIには異常はでませんので、他の病気との鑑別に行います。

主な治療

パーキンソン病の治療が主になります。最も効くのはL‐ドーパ製剤で、患者さんに最も適した飲み方を工夫します。その他にもいろいろな治療薬があり、患者さんの特徴をみながら、どれを使うかを検討します。
他の病気でもL‐ドーパを少し多めに使えば少し効くことがあります。多系統萎縮症では自律神経症状がでますので、起立性低血圧の治療や、夜間頻尿、便秘などの治療をします。血管障害性パーキンソニズムの場合は、脳梗塞が進まないよう血液をサラサラにする薬を使います。

診療日

火曜日 14:00~17:00【予約制】
外来診療担当表をご確認の上、ご予約をお取りいただいてからご来院下さい。
外来診療予約専用TEL(通話料無料) 0800-800-6456

医師紹介

  • 水野 美邦(みずの よしくに)

    神経内科

専門分野・得意な領域 神経内科学
専門医/指導医 順天堂大学名誉教授
脳神経内科前教授
主な経歴 昭和40年 東大医学部卒業