ホーム 各科紹介 病理診断科

各科紹介

病理診断科

当科の特徴

 病理診断科は、専任の認定病理医1名、非常勤認定病理医1名と臨床検査技師5名(細胞検査士)より構成されています。
業務は以下のごとく、患者さんと接することはまれですが、重要な診断業務に携わっています。


病理組織診断

 内視鏡検査や手術時に病変の組織を採取し、約3ミリマイクロの厚さに薄切し、染色を施し顕微鏡でどんな病気か診断する検査です。


細胞診断(細胞診)

 喀痰、尿、子宮、胸水、腹水などの細胞を集め、顕微鏡で観察し、その細胞の性状、良性、悪性を判断します。また、治療の効果判定や経過観察のためにも行う検査です。


術中迅速病理診断

 手術中に病変の一部を採取し、病理組織診断を行い、術前診断の確認、リンパ節の転移の有無、診断の確定、手術方法、切除範囲の決定などを行います。


病理解剖

 当病院で亡くなられた患者さんを解剖し、全身の状態、臨床診断との一致、不一致について、癌であればその広がり、治療の効果、亡くなられた原因などについて詳細に検討します。



 私たちは各診療科の診断・早期の治療開始をサポートできるよう常に臨床医と密接なコミュニケーションをとっております。より正確に、より早く診断できるよう、常に改善し、新しい知識や技法を取り入れるよう努力しております。

 また、院内、院外の症例検討会に積極的に参加し、集学的医療に携わっております。
 当病院以外の施設での生検病理組織診断も行いますので、お気軽にご相談ください。

※医師の不在により、拝診できない疾患・疾病がある場合もございます、あらかじめご了承ください。
なお、ご来院の際にはコールセンターにてご予約および診療内容をご確認の上、ご来院頂くことをお勧め致します。