ホーム 各科紹介 血管外科

各科紹介

血管外科

はじめに

下肢動脈が細くなったり、詰まったりする病気は、 閉塞性動脈硬化症と呼ばれております。症状としては、「歩くと足がだるく、痛くなる(休むとすぐ直る)」から「じっとしていても下肢が痛む、潰瘍がある」まで、幅広いものがあります。足に潰瘍ができ、腐ってからでは、治療は非常に難渋することが多く、下肢切断を余儀なくされることも少なくありません。

治療としては、この病気のリスク因子である「高血圧・高脂血症・糖尿病・喫煙」を回避することが最も重要であり、加えて、運動療法を行う事が、症状の改善につながります。それでも、症状の改善が認められない、日常生活がつらいような症状のある方は、血管内治療や外科的治療を行っております。

まずは、診断が重要となります。動脈の病気か、そうでないかを確認致します。動脈の病気があれば、悪化しないようリスク因子の回避が何よりも大事でありますので、症状が心配な方は、受診していただければ幸いです。

当科の特徴

人口の高齢化や食生活の欧米化に伴い、我が国でも血管病を有する患者さんが増加しています。多くの病院では血管病を扱う診療科は「心臓血管外科」や「循環器内科」ですが、当院では、心臓以外の血管に特化し、より専門的で高度な医療を行うため、「血管外科」として診療を行っております。我々血管外科が扱う病気は、心臓および脳を除く、体中全ての血管であります。

動脈の病気は増えています

近年、偏食、運動不足、喫煙、飲酒、ストレスといった日常生活の習慣が引き起こす、いわゆる生活習慣病が増加しています。
その代表が 高血圧、糖尿病、脂質異常症ですが、これらが悪化すると血管の動脈硬化を引き起こし様々な病気の要因になると言われています。動脈が「こぶ」のような状態となる動脈瘤や、逆に細くなったり、詰まったりする閉塞性動脈硬化症が主なものです。

血管病への治療は、高齢化が進み、リスクの高い患者さんが多いため、より体に負担の少なく安全な治療が求められてきております。

これまでの血管病に対する治療は、外科的治療が主であり体に負担の高い手術が多く含まれておりました。 しかし、近年の血管内治療の発展は目覚ましく、動脈疾患に対する治療方法に大きな変化を与えてきました。
血管内治療は外科的治療と比較し、より体に負担の少ない治療法であるため、患者さんの負担も軽減されます。 それぞれ患者さんにとって、利点、不利点を考慮し、より低侵襲で安全な治療を行っていきます。



Flat panel X線透過装置
Flat panel X線透過装置

Flat panel X線透過装置の血管内治療用手術室を備えております。

大動脈瘤に対するステントグラフト手術や閉塞性動脈硬化症の血管内治療などに加え、外科的手術と組合わせたハイブリッド治療を行うことも可能であります。

対象となる疾患と治療

全身の血管

治療方法
疾患名 治療法
外科的治療 血管内治療
頸動脈狭窄 頸動脈内膜剥離術 頸動脈ステント
胸部大動脈瘤 人工血管置換 ステントグラフト内挿術※1
胸腹部大動脈瘤 人工血管置換 ステントグラフト内挿術※1
腎動脈狭窄 バイパス術 腎動脈ステント
内臓動脈瘤
(腎、脾、肝等)
動脈瘤切除/バイパス術 コイル塞栓術/ステント留置術
下肢静脈瘤 ストリッピング術 レーザー焼灼術※2
下肢閉塞性
動脈硬化症
バイパス術、内膜摘除去術 バルーン拡張、ステント
※1 枝付ステントグラフト(自作)のような特殊な治療も行っております。
※2 レーザー治療は保険適応の機器を用い、原則、1泊入院で治療を行っております。

上記のように、血管病に対する治療は、内科的治療(薬の内服)、外科的手術(バイパス術等)、血管内治療(カテーテル治療等)、さらに血管内治療と外科的手術を組み合わせたハイブリッド治療があります。

ハイブリッド治療

血管外科の一番の特徴は、これら全ての術式の中で、それぞれの患者さんに合わせて治療法を選択し、実際に治療を行うことです。我々は、患者さんひとりひとりにとって最も適した治療を提供することをモットーとし、日々の診療にあたっております。

血管外科オペチーム

施設認定

・腹部ステントグラフト実施施設
・胸部ステントグラフト実施施設
・日本脈管学会認定研修関連施設
・下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設
※医師の不在により、拝診できない疾患・疾病がある場合もございます、あらかじめご了承ください。
なお、ご来院の際にはコールセンターにてご予約および診療内容をご確認の上、ご来院頂くことをお勧め致します。