各科紹介|新百合ヶ丘総合病院

すべては患者さんのために

神経内科脳神経外科


当科の特長

誠意ある適切な診療に加えて、平易でわかりやすい丁寧な説明を心がけたいと思います。神経内科だけではなく、広く内科学や老年医学の基盤の上に、大学病院並みの高い診療レベルを維持して、地域医療に積極的に貢献していきたいと思います。

神経内科の診療対象疾患

神経内科の診療対象疾患は脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気です。主な対象疾患は次のような病気です。

主な診療対象疾患 病名
神経変性疾患 ・パーキンソン病
・筋萎縮性側索硬化症
・脊髄小脳変性症
・アルツハイマー病など
脱髄疾患 ・多発性硬化症など
筋疾患 ・重症筋無力症など
神経感染症 ・髄膜炎、脳炎、脊髄炎など
末梢神経障害 ・ギラン・バレー症候群、
・慢性炎症性脱髄性多発神経炎など
その他 ・本態性振戦
・てんかん
・頭痛
・脳血管障害など

また、病院業務として筋電図検査(内科部門)を担当しています。

このページの先頭へ戻る▲

神経内科症状

意識障害、物忘れ、頭痛、めまい、複視(ものが2つに見える)、呂律障害、手足の麻痺やしびれ感や振るえ、歩行の異常、痙攣など

専門外来

物忘れ外来

「物忘れ外来」は、物忘れ症状のある初診・紹介患者さんの診療を主としています。 (精神症状などの認知症の周辺症状が強い場合は、精神科に受診していただきます)


パーキンソン病外来

「パーキンソン病外来」は、パーキンソン病に特化した専門外来です。
(その他の外来でもパーキンソン病の診療はいたします)


ボツリヌス神経治療外来

「ボツリヌス神経治療外来」は、ボツリヌス毒素を用いた神経疾患の治療に特化した専門外来です。
痙性斜頸、片側顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙縮など、本人の意志とは関係なく筋肉の緊張亢進や痙攣により異常な姿勢やピクツキなどを示す病気を、ボツリヌス毒素の局所注射により治療いたします。
個々も患者さまの症状に応じたテイラーメイドのボツリヌス治療を目指しております。完全予約制です。

新百合ヶ丘総合病院の取組み・開催イベントのご案内です。