ホーム 各科紹介 血液内科

各科紹介

血液内科

主な対象疾患とその治療

概要

血液内科では、健康診断で指摘された白血球・赤血球・血小板数の異常値、リンパ節の腫脹などから血液疾患が疑われた方だけでなく、かかりつけの医療機関で血液疾患(鉄欠乏性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの良性疾患や、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍)と診断された方を対象として幅広く診療を行っています。


血液内科の特徴

エビデンスに基づいた最善の治療

血液疾患に経験豊富な専門医を中心に、エビデンスに基づいた最善の体に優しい治療法を提供いたします。また患者さんが無理なく治療が続けられるよう、QOLを考慮した外来化学療法への移行も順調に行われております。


患者様への十分な情報を提供

難治性疾患を扱う機会が多いため、十分に情報を提供した上で適切な検査法や治療法を選択していただきます。


治癒を目指す化学療法

治癒を目指す体に優しい化学療法を立案して施行しております。


主な診療内容について

血液内科で扱う疾患の大多数は、いわゆる難病や造血器腫瘍であり、その診断・治療には専門的な知識と経験が必要とされます。当科では多様化する造血器腫瘍や難治性血液疾患に柔軟に対応し、分子標的薬剤、正確な診断とエビデンスに基づく治療を検討し、患者さんやご家族のご希望を尊重しつつ、それぞれの患者さんに最適な治療法を選択することを心がけています。
また、血液疾患の治療にあたっては、全身のさまざまな臓器に合併症を認めることが多々ありますが、各科との良好なチームワークにより質の高い診療を提供できることも当院の特徴と言えます。

次のような症状を扱っております

白血球が多い・少ない、赤血球が多い・少ない、血小板が多い・少ない、リンパ節の腫大、脾臓の腫大、出血しやすい、血が止まりにくい、連日著明な寝汗をかく等の症状のある患者様。


疾患特異的iPS細胞より確立された新規薬剤による治療を行っております

疾患特異的iPS細胞より確立された新規薬剤による治療

疾患特異的iPS細胞はサイトカインカクテルを添加することにより造血幹細胞へと2週間程度で分化します。分化した造血幹細胞も白血病患者と同じ遺伝子変異を有しており、in vitroで白血病幹細胞を大量に創り出すことができます。

現在の癌治療の問題点は抗がん剤が分化した腫瘍細胞には効果を認めますが、癌幹細胞には効果的でないため再発に繋がると考えられています。

私共はAllosteric ABLチロシンキナーゼ阻害剤AsciminibがATP-競合型ABLチロシンキナーゼ阻害剤Ponatinibと併用することにより、幹細胞レベルの白血病細胞に対し効果的に作用することを突き止めました。元々、ponatinibはoff-target分子としてFGFR(fibroblast growth factor receptor)を阻害することが知られており、iPS細胞もFGF 5ng/mlの濃度以下では増殖できないという基礎研究の基本概念からこの組み合わせが選択されました。

Asciminibは本邦では臨床試験段階の薬剤であり、まだ一般の患者さんには使用できませんが、Ponatinibは健康保険でも認可されている薬剤です。新百合ヶ丘総合病院では数ある分子標的薬の中で、個々の患者さんに効果的な薬剤を選別し、治療してゆこうという独自の取り組みを行っております。

※医師の不在により、拝診できない疾患・疾病がある場合もございます、あらかじめご了承ください。
なお、ご来院の際にはコールセンターにてご予約および診療内容をご確認の上、ご来院頂くことをお勧め致します。