ホーム 各科紹介 血液内科

各科紹介

血液内科 主な対象疾患とその治療

急性白血病(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病)

骨髄中の血液細胞が腫瘍化し、正常な血液細胞が造れなくなり、貧血や発熱、出血などの症状を伴う病気です。また、腫瘍細胞が全身の臓器に浸潤し、急速に病状が悪化するために、早急な診断と治療が必要です。病型や遺伝子異常に応じて、抗がん剤、分子標的薬による治療を行い、骨髄中のわずかな白血病細胞で治療効果を判定し、治療方針を決定しています。


詳しくはこちら

悪性リンパ腫

リンパ節、または全身の臓器に存在するリンパ組織にあるリンパ球が腫瘍化する病気です。リンパ節が腫れ、病変部位により多彩な症状を伴い、発熱や体重減少を伴うこともあります。ゆっくり進行するタイプから、急速に進行するタイプまで様々な病型があり、正確な病理診断が必要です。
病型に応じて、抗がん剤、分子標的薬による治療を行います。

詳しくはこちら

多発性骨髄腫

骨髄中の形質細胞が腫瘍化し、血液や尿中に異常な免疫グロブリンが増え、腎不全、貧血、骨折などを伴う、高齢者に多い病気です。臓器障害に応じ、治療を行います。
分子標的薬、免疫調節薬による治療を多数実施しています。

詳しくはこちら

骨髄不全症(骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、骨髄増殖性腫瘍)

骨髄中で異常な造血細胞が増加、または造血能力が低下し、正常な血液細胞が作れなくなる病気です。骨髄異形成症候群や再生不良性貧血では、白血球減少による感染症、貧血、血小板減少による出血症状を伴います。血球数や遺伝子異常により、治療方針を決定します。分子標的薬、サイトカイン、免疫抑制療法による治療を行います。

6病棟チーム