各科紹介

薬剤科

当科の特徴

新百合ヶ丘総合病院薬剤科は、「すべては患者さんのために」という南東北グループの理念の下に、救急医療とがん、脳疾患、心臓病を中心とした高度先進医療提供における、安全及び適正な薬物療法を行うことを使命として日々活動しています。


1.調剤業務
調剤業務

主に入院患者さんの内服薬・外用薬と注射薬の調剤を行っています。内服から注射まで電子カルテと薬剤科内の調剤システムにより、飲み合わせが悪くないか、使用する薬の量は適切であるか、重複して使用していないか、そして相互作用はないかをチェックした後に調剤しています。患者さんの状態に合わせて、飲み薬を一つの袋にまとめる一包化を行い、飲み間違いや飲み忘れを防止する工夫も行っています。注射薬(アンプル・バイアル)自動払出装置を導入し、業務の効率化を図っています。
外来患者さんのお薬は、国の方針に則り原則院外処方せんを発行していますので、院外の調剤薬局にて調剤をお願いしています。


このページの先頭へ戻る▲

2.院内製剤

製薬会社によって発売されていないが、治療に必要と医師より依頼があった薬を調製しています。


このページの先頭へ戻る▲

3.抗がん剤の調製
抗がん剤の調製

抗がん剤は安全キャビネットを使用して、薬剤科にて安全かつ無菌的に調製しています。


このページの先頭へ戻る▲

4.放射性医薬品の検定等

当院にはがんの発見に有用なPET-CTが導入されています。このPET-CTの検査ではFDGという放射性医薬品を使用します。そのため院内のホットラボと呼ばれる特別な部屋にてFDGを合成しています。薬剤師はこのFDG合成のサポート、そして合成したFDGが医薬品として決められた規格に合っているのかを最新鋭の機器を活用して検定しています。


このページの先頭へ戻る▲

5.医薬品の管理

患者さんに適切な医薬品が常に使用できるように、医薬品の購入、在庫管理、各部署への供給そして品質管理を行っています。


このページの先頭へ戻る▲

6.医薬品情報管理業務

医師や看護師からの医薬品に関する問い合わせに対応しています。医薬品が安全そして適正に使用できるように、製薬会社や国からの情報を常に収集し、必要な情報を医師や看護師を始めとする医療従事者にフィードバックしています。