ホーム 各科紹介 糖尿病・内分泌代謝内科

各科紹介

糖尿病・内分泌代謝内科

当院の糖尿病・内分泌代謝内科では

「糖尿病なら新百合ヶ丘総合病院へ」といっていただける病院であるため、地域の皆様から信頼を得られるよう、的確な診察と症状に合わせた治療を行います。
医師および栄養士、看護師、薬剤師など多種のコメディカルで構成された糖尿病チームが、患者さんをトータルにサポートいたします。

また、内分泌疾患(視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺)に対応できます。内科的診断、画像診断に精通しており診断は迅速に行います。 治療は個々の患者様にあうベストな治療法、治療薬を示し、手術が必要な場合は内科的立場からその理由、手術の合併症を懇切に説明します。手術すべきかどうか、手術に替わる内科的治療はないか、手術後のホルモン異常などについても遠慮なく相談して下さい。

特徴その1:治療

糖尿病内科では、血糖コントロールや教育を中心に診療に当たりますが、総合病院の強みを生かし、糖尿病合併症に関しては、神経内科、眼科、腎臓内科、皮膚科、循環器内科など他科と連携して治療します。

特徴その2:糖尿病教育入院

糖尿病を担当する病棟に1週間入院していただき、糖尿病教室で糖尿病の知識や食事療法と運動療法の仕方を学んでいただきますが、毎日の血糖測定や合併症のチェックの精密検査も併せて行います。

特徴その3:糖尿病教室

糖尿病の成り立ちや合併症、治療などについての知識を得るための学びの場であり、教育入院の要となる場です。
病院スタッフによる講義やビデオ学習を、和気あいあいとした雰囲気で何でも質問できる内容を予定しています。
入院患者さんを対象としておりますが、ご希望があれば外来患者さんも参加していただけるように検討しております。

このページの先頭へ戻る▲

内分泌代謝の対象となる症状

内分泌とはホルモンとほぼ同義です。ホルモンの主な作用は成長、生殖、抗ストレス、恒常性(緻密な体内環境)維持です。
内分泌疾患はホルモン産生臓器、器官に発症する病気で、その大きな特徴は全身の多くの臓器、器官に発生することです。
これには、 視床下部(間脳)、下垂体(前葉、後葉)、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、腎臓、性腺などを含みます。
その結果、多種類のホルモンを扱いますが、たとえば 下垂体だけでも8種類のホルモンが産生されます。

第二の特徴は、多くの内分泌臓器、器官の病気は単独で起こるのみならず、複合的にも起こります。
とくに、視床下部は下垂体を、下垂体は甲状腺、副腎、あるいは性腺を制御するという巧妙な3段階の調節を受け、常に連動して働いています。
また、内分泌臓器の病気で別の臓器の病気、例えば甲状腺の病気で不整脈、高脂血症や糖尿病が起こり、副腎の病気で高血圧、糖尿病や慢性腎臓病が起こります。
内分泌疾患は、高血圧、肥満、糖尿病、心血管疾患など一見無関係に思われる病気に潜むサイレント・キラーなのです。

第三の特徴は、内分泌疾患は現れ方がホルモン欠乏症と過剰症として全く異なった表情(症状)を呈することです。重症度でも症状は異なり、重症では診断は困難でありませんが、軽症では心身症などと誤診されることがあります。
さらに複雑であることに、あるホルモンの値が本来は低下、または増加しているはずの状態で正常レベルを維持していることで、これを不適合(不適切)分泌と呼びます。
高齢者に多い電解質異常、特に低ナトリウム血症を起こす抗利尿ホルモン(ADH)不適合分泌が代表的疾患です。

以上のように、内分泌疾患は、多臓器、多ホルモン、単独・複合臓器異常、ホルモン欠乏・過剰・不適合分泌という、極めて多彩で複雑な症状を呈することが御理解いただけると思います。


    内分泌疾患全般
  1. 間脳下垂体
  2. 甲状腺
  3. 副腎
  4. 性腺
  5. 副甲状腺

    代謝性疾患
  1. 糖尿病
  2. 脂質異常症
  3. 高尿酸血症

このページの先頭へ戻る▲

外来診療

  1. 診療の度に、血糖検査・HbA1c、血圧・体重測定を行い、症状把握に努めます。
  2. 糖尿病など生活習慣病は食事療法が治療の基本なので、なるべくすべての糖尿病患者さんに、栄養士による「食事療法の基本、交換表の使い方」についての指導を受けていただきます。
  3. 糖尿病の治療では、医療機関どうしの連携が大切です。すでに他院で糖尿治療を受けておられる方は、なるべく通院先の情報提供書を持参してください。
※医師の不在により、拝診できない疾患・疾病がある場合もございます、あらかじめご了承ください。
なお、ご来院の際にはコールセンターにてご予約および診療内容をご確認の上、ご来院頂くことをお勧め致します。