糖尿病・内分泌代謝内科

病気の解説 糖尿病の予防

糖尿病網膜症の予防

①きちんとした血糖のコントロールを続ける。

②高血圧の人は主治医に従い、高血圧の治療も同時に行う。

③早期発見・治療のために、症状がなくても定期的に眼底検査を受診する。
(自覚症状がわかりにくいため、自覚症状があらわれた頃には、かなり病気が進行しています。)

④糖尿病網膜症が進行してしまったら、眼科で治療を受診する。
(失明を予防するための治療として、光凝固療法、硝子体手術を受ける。)

このページの先頭へ戻る▲

糖尿病腎症の予防

①きちんとした血糖のコントロールを続ける。

②早期発見・治療のために、症状がなくても定期的に微量のアルブミン尿や蛋白尿の検査を受診する。

③腎症の進行度合いに合わせた治療を行う。


○人口透析(透析療法)とは:腎臓の代わりに透析装置で血液をろ過します。これにより血液中の毒性物質を除去したり、不足物質を補充したりします。通常腕の血管から血液を装置に送り、浄化した血液を再び体内に戻します。1回4~5時間、週3回程度病院に通院する必要があります。

このページの先頭へ戻る▲

糖尿病神経障害の予防

①きちんとした血糖のコントロールを続ける。

②高血圧や脂質異常がある場合は、主治医の指示に従い治療を行う。

③禁酒、禁煙などの生活習慣を改善する。

④早期発見・治療のために定期的に神経機能検査、心電図検査を受診する。

⑤もし糖尿病神経障害の症状があらわれたら、必ず主治医に相談する。


足にこのような症状があったら要注意