各科紹介

糖尿病・内分泌代謝内科 合併症とは

糖尿病合併症とは

糖尿病の合併症は、大きく2つに分かれます。

細小血管障害(細い血管にみられる障害)-糖尿病の3大合併症

血糖値が高い状態が続くと、目や腎臓などの細い血管が障害され、網膜症や腎症が起こります。また、神経障害は早朝から発症し、足の壊疽の原因にもなります。


大血管障害(大きな血管にみられる障害)

血糖値が高い状態が続くと動脈硬化が進行し、太くて大きな血管がつまりやすくなります。それが心臓の血管で起こると「狭心症」や「心筋梗塞」、脳の血管で起こると「脳梗塞」、足の血管で起こると「末梢動脈疾患」となります。


糖尿病合併症

このページの先頭へ戻る▲

主な合併症

糖尿病神経障害の主な症状

このページの先頭へ戻る▲

細小血管障害(3大合併症)

○糖尿病性網膜症:『目』の病気
(網膜症)網膜の血管に障害が起こり、視力障害の引き金になります。失明の原因ともなります。

糖尿病性網膜症

外からの光は、角膜→水晶体→硝子体を通り、眼底の網膜に像を映し、その像は、視神経を経て脳へ伝わります。網膜の役割は、外から入った光の明暗や色を感知します。




(白内障)何らかの原因で、この水晶体が白く濁ってくること。「眼がかすむ、ぼやける」、「まぶしい」(水晶体の濁りが光を乱反射する)、「細かい字が読みにくい」などの症状があらわれます。

糖尿病性白内障


○糖尿病性腎症:『腎臓』の病気
腎臓には毛細血管(細い血管)が集まっており、ここで血液がろ過され、老廃物を尿として体外へ出します。糖尿病腎症は、長期間高血糖が続くことで毛細血管がもろくなり、発症・進行します。また、腎臓の働きが低下し、体内に老廃物が溜まり「尿毒症」を起こす原因ともなります。

糖尿病腎症の検査と症状

早期にはごく微量の蛋白(アルブミン)が尿中に出て、血糖コントロールが良くないとさらに進行が進み、蛋白尿があらわれるようになります。腎不全が進行すると、人工透析をしなくてはなりません。




○糖尿病性神経障害:『神経障害』の病気
長期間の高血糖が続くことで発症・進行し、主に手足のしびれや痛みなど、末梢神経障害の自覚症状があらわれます。神経障害が起こると知覚が低下し、足壊疽、発汗異常や便通異常、立ちくらみ、勃起障害(ED)などさまざまな症状がでてきます。

神経のしくみ


糖尿病神経障害の主な症状

このページの先頭へ戻る▲

大血管障害

糖尿病と高血圧は長い年月の間に症状を自覚しないまま進行し、血管に障害を及ぼすことが分っています。これは、腎症をはじめとする糖尿病合併症の進行を早め、また、糖尿病と高血圧の合併は、脳や心臓の動脈硬化の危険性を高めます。
さらに コレステロールや中性脂肪(血液中の脂質)が高いと血栓(動脈に地の固まり)ができたり、内腔(血液の通り道)が狭まって血圧が上がります。動脈が詰まってしまうと心臓・脳・手足にさまざまな症状があらわれ、死に至ることもあります。

○脳梗塞:
脳に血液を送る血管がつまると、脳梗塞が起こります。

○狭心症・心筋梗塞など:
心臓に血液を送る太い血管が動脈硬化などのために細くなると「狭心症」、血管が完全につまってしまうと「心筋梗塞」が引き起こされます。

○末梢動脈疾患(間欠性跛行など):
足の太い血管で動脈硬化が起こると、血液が流れにくくなり、休みながらでないと歩けなくなったり、悪化すると潰瘍や壊疽を起こして足を切断することもあります。

○感染症:
長期間高血糖が続くと、血管がもろくなり、白血球の働きが鈍り、体の免疫力が低下し、最近などに感染しやすくなります。

○歯周病:
歯周病があると、細菌から出される毒素の影響で血糖コントロールがうまくいかなくなります。また、糖尿病の人はそれらの細菌にも感染しやすくなり、悪循環に陥ります。

○骨減少症:
インスリンの不足は血糖値を上昇させるだけでなく、骨へも影響を及ぼします。長期間高血糖が続いている人ほど、骨量(骨密度)が減少し、骨折の危険が高くなります。

このページの先頭へ戻る▲

主な原因

遺伝体質の場合と、肥満、過食、高脂肪食、運動不足、ストレス、喫煙など生活習慣が原因となります。

このページの先頭へ戻る▲

主な症状

糖尿病は、自覚症状がなく、知らない間に進行していることが多い病気です。
下記のような自覚症状がある場合は、病状がかなり進んでいる場合もあります。

トイレによく行く・尿の量が多い
いつものどが渇いている
だるい・疲れやすい
たくさん食べても体重が減る
手足がしびれる・つる・けいれんが起きる

このページの先頭へ戻る▲

糖尿病の検査

空腹時血糖検査
食後一定の時間絶食した状態で採血した血液の中に、糖の量がどのくらいあるかがわかります。
正常型:100mg/dl 未満

HbA1c検査
過去1~2ヵ月間の平均的な血糖値がわかります。
正常値:4.6~6.2%(NGSP)