各科紹介

糖尿病・内分泌代謝内科 糖尿病とは

糖尿病とは

現在の日本では、生活の欧米化とともに生活習慣病が増加しています。
日本には予備軍を含めると 全国に2,210万人、国民の5人に1人が糖尿病といわれています。

糖尿病はまさしく生活習慣病の最たる病気なのです。

血糖値が高くなる病気のことを糖尿病といいますが、自覚症状のない場合も多く気づきにくい特徴があります。

インスリンの働き

インスリンの働き

このページの先頭へ戻る▲

主な原因

糖尿病の2つのタイプ 糖尿病は、大きく分けて1型と2型の2種類です。日本では全糖尿病患者の約95%が「2型糖尿病」と言われるタイプです。

糖尿病の主な原因

遺伝体質の場合と、環境的要因が加わって発症すると言われています。環境的要因として大きくかかわっているのが、肥満、過食、高脂肪食、運動不足、ストレス、喫煙など生活習慣が原因となります。

家族や親せきなどの血縁者に糖尿病の人がいる場合、そうでない人と比べて、過食や運動不足によって糖尿病を発症する可能性が高くなるので、生活習慣を改善するとともに、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

糖尿病の主な原因

このページの先頭へ戻る▲

主な症状

糖尿病は、自覚症状がなく、知らない間に進行していることが多い病気です。
下記のような自覚症状がある場合は、病状がかなり進んでいる場合もあります。

◆トイレによく行く(頻尿)・尿の量が多い(多尿)
◆いつものどが渇いている(口渇)
◆だるい・疲れやすい
◆たくさん食べても体重が減る・すぐにお腹がすく
◆手足がしびれる・つる・けいれんが起きる・目がかすむ

このページの先頭へ戻る▲

糖尿病の検査

空腹時血糖検査
食後一定の時間絶食した状態で採血した血液の中に、糖の量がどのくらいあるかがわかります。
正常型:100mg/dl 未満

HbA1c検査
過去1~2ヵ月間の平均的な血糖値がわかります。
正常値:4.6~6.2%(NGSP)