糖尿病・内分泌代謝内科

糖尿病教育入院について 運動療法

糖尿病教育入院 カンファレンスルーム

はじめに

運動療法は、食事療法、薬物療法と並んで、糖尿病治療の有力な手段です。とくに、日本人の糖尿病の 95% を占める、2型糖尿病の患者さんで、血糖コントロールが安定している人の場合は、食事療法とともに運動療法を行うと、血糖が下がるだけでなく、糖尿病のさまざまな症状が改善され、さらには、動脈硬化の予防、老化防止といった点でも効果があることが実証されています。
しかし、進行した合併症がある時には、運動がかえって病状を悪化させることもあります。

教育入院で入院された方には、はじめに運動療法の講義を行い、運動の必要性や効果、具体的な運動内容について知識を深めていきます。

実際に運動を始めるにあたり、個別に体力測定を行い、一人一人に合わせた運動量や負荷量を設定します。有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングや上肢・下肢・体幹ストレッチなども合わせて行います。また、必要に応じて自宅退院後の生活指導、自主トレーニング指導も行います。


有酸素運動実施

有酸素運動実施

ストレッチ

ストレッチ

筋力トレーニング

筋力トレーニング

糖尿病教育入院に関するご予約・お問合せ