各科紹介

糖尿病・内分泌代謝内科 糖尿病教育入院について

糖尿病教育入院 カンファレンスルーム


※それぞれの詳細については、糖尿病教育入院の教室に参加された際にご説明します。

糖尿病治療目標

日本糖尿病学会では糖尿病治療の目的を、血糖、体重、血圧、血清脂質を良好にコントロールすることで、糖尿病細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)および動脈硬化疾患(虚血性心疾患、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症)の発症と進展を阻止し、健康人と変わらない日常生活の質(QOL)を維持し、健康人と変わらない寿命を確保することとされています。


糖尿病教育入院とは

糖尿病は、食生活の欧米化や交通手段の普及による運動不足などによって年々増加傾向にあり、治る病気ではありません。日本で糖尿病と診断される人は、約700万人と言われています。
ほとんどの場合、自覚症状がなく、放置すれば全身のさまざまな器官を蝕んでいくという恐ろしい病気です。


しかし、治療を続け血糖をコントロールすることで合併症の発症や進行を遅らせることができるのです。

それには患者さんご自身やご家族の方が糖尿病を十分理解した上で自己管理をしていくことが大切となります。

教育入院は、上に述べた日本糖尿病学会の治療目標の達成のために、有効な手段と言えます。当院では、患者さんやご家族の方が糖尿病を正しく理解して頂ける事を目的に「糖尿病教育入院」を実施しています。
当院の医師をはじめ、医療スタッフ(糖尿病療養指導士、管理栄養士、薬剤師、看護師)が患者さんの療育サポートをします。

糖尿病教育入院に関するご予約・お問合せ