各科紹介

皮膚科

当科の特徴

皮膚科では、皮膚の病気の全てを取扱います。皆さんはかぶれ、みずむし、いぼなど、一目で見当がつくので皮膚病の診断は易しい、と思われるかもしれません。しかし同じように見える皮膚病も診断、原因、治療法は患者さん毎に決して同じではなく、また素人療法はしばしば皮膚病を悪化させ、皮膚がんでは手遅れになることもあります。「皮膚は内臓の鏡」ともいわれるように、皮膚病変がきっかけとなって重要な内臓病変が見つかることもあります。皮膚病は何といっても早期受診がポイントです。

当院では患者さんが理解しやすい説明を心がけ、手術については形成外科と連携した皮膚科診療を行います。なお責任者、飯島正文(月・金担当)はアトピー性皮膚炎と重症薬疹が専門です。

なお、重症薬疹についての時間をかけての相談は、自由診療外来で別途うけたまわります。予め皮膚科外来担当者にご相談ください。


◆診療について◆
診療は、予約受診者の患者さんが優先となります。混雑時には、午後からの診察になることもあります。また、待ち時間についても見通しが立たないこともございます。
大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※医師の不在により、拝診できない疾患・疾病がある場合もございます、あらかじめご了承ください。
なお、ご来院の際にはコールセンターにてご予約および診療内容をご確認の上、ご来院頂くことをお勧め致します。