人工股関節置換術に対するロボット手術|ロボット手術|整形外科

人工股関節置換術に対するロボット手術

術前計画

手術前に治療計画をたてます。CT検査を行い、患者さんの骨格の情報をコンピューターに入力し、人工関節のサイズや設置する位置、骨を削る深さや角度などを決定します。

術中調整

手術中は、脚の長さや、関節が安定する適切な人工関節の位置をリアルタイムにコンピューター画面で確認し、調整します。

ロボティックアーム支援

医師はロボティックアームを持ち、その先端に取り付けられた器具をナビゲーションに従って操作し、骨を削り、人工関節を設置します。このとき、治療計画から外れた角度や深さで骨を削ろうとしたり、人工関節を設置する位置がずれたりすると自動的にロックがかかり動きを制御します。これにより、治療計画通りの安全かつ正確なインプラントの設置を支援します。

ロボット手術のながれ

手術は股関節のやや後方、または外側、あるいは前方の皮膚を切開して行います。


  • 骨頭を切除し、大腿骨の内側を整えます。

  • ロボティックアームを用いて骨盤(臼蓋)の表面を整えます。

  • ロボティックアームを用いてインプラントを設置します。

  • 大腿骨にインプラントを設置します。

  • 各インプラント部品を設置します。

  • 人工股関節の設置が完了しました。

人工股関節置換術について

股関節痛の治療は、患者さんの自覚症状とエックス線検査(レントゲン)などの診断で決まります。

はじめは消炎鎮痛剤などの薬物療法、運動療法や杖などの装具療法がおこなわれます。

これらの治療で症状が改善しない場合は、手術(骨切り術や人工関節置換術)の適応となります。

人工関節置換術は、傷んだ骨をとり除き、人工の関節(インプラント)に置き換える手術で、痛みを取りのぞく効果が高いとされています。

人工股関節置換術について詳しくはこちら

この治療法について

・ロボット手術は、人工股関節置換術の新しい手法です。
・ロボット手術は、米国で開発され、ヨーロッパ、アジア諸国ですでに導入されており、これまでに20万例を超える手術実績があります。
・ロボット手術は、保険診療で受けることができます。
・ロボット手術が適さない関節痛もあります。詳しくは担当医にご相談ください。