ホーム 各科紹介 整形外科 主な病気の解説 股関節の痛みについて

各科紹介

整形外科 股関節の痛みについて

『歩き出す』ときや『階段の昇り降り』などの動作のとき、突然膝や股関節に痛みが走ったことはありませんか?これらの動作は、わたしたちが日常生活を送るうえで避けては通れません。
年齢を重ねるにつれて大きくなる膝や股関節の痛み・・・その原因のひとつが「変形性関節症」といわれています。
当科では、骨や筋肉、関節といった運動器の治療を行っています。

股関節のしくみ

  • 股関節は脚の付け根にある関節で、胴体と脚の間にあります。
    ここでは、大腿骨の丸い部分(大腿骨頭)が骨盤の受け皿の部分(臼蓋)にはまり込んでいます。関節部分の骨の表面は軟骨でおおわれ、股関節にかかる力を吸収するとともに大腿骨頭と臼蓋の動きをスムーズにしています。
    股関節は、人が立ったり歩いたりするときに体重を支える役割をにない、歩行時には体重のおよそ3倍、立ち上がりでは体重の数倍の重さがかかるといわれています。そして、時にはその軟骨がすり減り、やがて大腿骨頭と臼蓋の骨と骨が直接こすれて骨が変形してくると痛みを感じたりこわばりを生じたりします。
    一般的な原因には変形性股関節症 関節リウマチ 大腿骨頭壊死症があります。また、転倒などによる骨折も歩行が困難となる原因のひとつです。
  • 健康な股関節と関節炎の股関節

変形性股関節症

  • 変形性股関節症
  • 股関節が痛くなる代表的な病気で、子供の頃の先天性股関節脱臼の後遺症や、股関節が浅い臼蓋形成不全などが原因となることが多いですが、加齢により股関節の軟骨がすり減ってしまうことが原因になることもあります。症状としては、歩行時などに脚の付け根(股関節)が痛み、股関節の動きが制限されるようになります。痛みが強い場合は、手術治療が勧められます。

このページの先頭へ戻る▲