ホーム 各科紹介 脊椎脊髄末梢神経外科

各科紹介

脊椎脊髄末梢神経外科

当科の特徴

脊椎脊髄末梢(せきついせきずいまっしょう)神経外科 低侵襲脊髄手術センターは、背骨とその中にある神経(脊椎脊髄神経)の症状を診る科です。
いずれの疾患も脊髄・神経根を障害し、手の痺れ・痛み、運動麻痺、歩行障害、下肢痛などの原因になりうる病気です。

手術治療に関しては手術用顕微鏡、内視鏡を使用した低侵襲手術を基本としており、出来る限り早く日常生活に戻れるようにつとめています。

対象となる症状

手の痺れ・痛み、運動麻痺、歩行障害、腰痛、下肢痛などの症状が気になる方はご相談ください。

脊椎変性疾患(頚椎症、脊柱管狭窄症、靭帯骨化症、椎間板ヘルニア
脊髄腫瘍
先天性脊椎疾患( 二分脊椎等
感染症
※医師の不在により、拝診できない疾患・疾病がある場合もございます、あらかじめご了承ください。
なお、ご来院の際にはコールセンターにてご予約および診療内容をご確認の上、ご来院頂くことをお勧め致します。