ホーム 各科紹介 脳神経外科 開頭手術手順 手術時の皮膚切開画像

脳神経外科・脳血管内治療科・脊椎脊髄末梢神経外科・小児脳神経外科

開頭手術手順 手術時の皮膚切開画像

皮膚切開

小切開(3~5cm)

 

局所麻酔で行う「穿頭血腫ドレナージ術」で用いる皮膚切開
局所麻酔で行う「脳室体外ドレナージ術」で用いる皮膚切開

局所麻酔で行う「穿頭血腫ドレナージ術」や「脳室体外ドレナージ術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:慢性硬膜下血腫、急性水頭症、脳室内出血等


冠状切開(15~25cm)

 

「左右の大脳間を分けて入っていくアプローチ」で用いる皮膚切開
「前頭部を大きく開頭する手術」で用いる皮膚切開

「左右の大脳間を分けて入っていくアプローチ」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:前大脳動脈瘤、トルコ鞍部腫瘍、脳室内腫瘍等

「前頭部を大きく開頭する手術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:前頭蓋窩巨大腫瘍(髄膜腫、脊索腫等)


円蓋部線状切開(10~15cm)

前頭側頭切開(20~25cm)

「大脳表面に切開を加えて脳内、もしくは脳室内に入っていくアプローチ」で用いる皮膚切開
「前頭側頭部からアプローチする手術」で用いる皮膚切開

「大脳表面に切開を加えて脳内、もしくは脳室内に入っていくアプローチ」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:大脳円蓋部髄膜腫、脳室内腫瘍等

「前頭側頭部からアプローチする手術」で用いる皮膚切開です。脳神経外科の中では最も多用されます。
対象疾患:蝶形骨縁髄膜腫、内頚動脈瘤、中大脳動脈瘤等

このページの先頭へ戻る▲


側頭部線状切開(10~12cm)

側頭部C字切開(20~25cm)

「側頭部からアプローチする手術」で用いる皮膚切開
「大きな頭蓋底腫瘍に対し側頭部からアプローチする手術」で用いる皮膚切開

「側頭部からアプローチする手術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術、側頭葉腫瘍、脳底動脈瘤等

「大きな頭蓋底腫瘍に対し側頭部からアプローチする手術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:錐体斜台部髄膜腫等


前頭側頭部大切開(25~30cm)

 

「前頭部から側頭部にかけて大きく開頭する手術」で用いる皮膚切開
「前頭部から側頭部にかけて大きく開頭する手術」で用いる皮膚切開

「前頭部から側頭部にかけて大きく開頭する手術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:急性硬膜下血腫、大脳円蓋部髄膜腫等


後耳介部C字、S字切開(5~15cm)

 

「耳の後ろの乳様突起を削って頭蓋底にアプローチする手術」で用いる皮膚切開
「耳の後方から脳幹周囲へ到達する手術」で用いる皮膚切開

「耳の後ろの乳様突起を削って頭蓋底にアプローチする手術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:聴神経腫瘍、グロムス腫瘍等

「耳の後方から脳幹周囲へ到達する手術」で用いる小さな皮膚切開です。
対象疾患:三叉神経痛等

このページの先頭へ戻る▲


後耳介部S字状切開(5~15cm)

 

「耳の後下方から脳幹周囲へ到達する手術」で用いる皮膚切開
「耳の後下方から後頭蓋窩や脳幹周囲、また頭蓋頸椎移行部に到達する手術」で用いる皮膚切開

「耳の後下方から脳幹周囲へ到達する手術」で用いる小さな皮膚切開です。
対象疾患:片側顔面痙攣、舌咽神経痛等

「耳の後下方から後頭蓋窩や脳幹周囲、また頭蓋頸椎移行部に到達する手術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:小脳橋角部腫瘍、大孔部髄膜腫、上位頚部腫瘍、椎骨動脈瘤等


後頭部正中切開(15~20cm)

 

「耳の後下方から脳幹周囲へ到達する手術」で用いる皮膚切開

「後頭部から小脳や脳幹周囲に到達する手術」で用いる皮膚切開です。
対象疾患:小脳出血、脳幹背側海綿状血管腫、第四脳室内腫瘍等

このページの先頭へ戻る▲