ホーム 各科紹介 脳神経外科

各科紹介

脳神経外科・脳血管内治療科・脊椎脊髄末梢神経外科・小児脳神経外科

当科の特徴

新百合ヶ丘総合病院は三十年以上の伝統を誇る南東北病院グループの関東地区における基幹病院として、救急医療から高度先進医療までを提供すべく、平成24年8月に神奈川県川崎市に誕生しました。
病院病床は377床あり、最新の医療機器を完備し総合病院として130名以上の医師が(診療科数:33科)が日夜診療にあたっております。

脳卒中の代表疾患である脳梗塞脳内出血クモ膜下出血、また転落や交通事故による重症頭部外傷はその診断、治療、手術まで一刻を争います。
救命までの一分一秒を大切にするため当院には脳神経外科医が24時間365日常に待機しており、いかなる救急疾患、緊急手術にも迅速に対応できるよう備えております。
脳血管内治療専門医が5名常勤しておりますので、緊急カテーテル手術も対応できます。

また脳腫瘍の分野におきましては通常の開頭手術はもちろんのこと、経鼻的腫瘍摘出術内視鏡を用いた手術、さらには覚醒下手術頭蓋底とよばれる手術困難な部位に生じた腫瘍の切除など、特殊な技術や医療機器を要する手術も行っております。
専用手術器具や最先端の医療機器も大学病院レベルもしくはそれ以上のものが揃っており、非常に難易度の高い手術にも最小限のリスクで望めるよう常に体制を整えております。
また放射線治療科との密な連携により、様々な理由で手術を受けることが困難な脳腫瘍患者さんに対しては「 サイバーナイフ」という最先端の放射線治療を行っており良好な成績を出しております。

当院の基本理念は「すべては患者さんのために」であります。
開院から6年とまだ新しい病院ではありますが、確かな技術と経験をもったスタッフ、そして最新鋭、最先端の医療設備によって「この病院でしかできない質の高い医療」を多くの患者さんに提供できるとことと信じております。

対象となる疾患

当科で実際に行われた手術症例



◆福島記念 脳腫瘍・頭蓋底センターのご案内ページ
http://www.shinyuri-hospital.com/hospital/fukushima-kinen.html


※医師の不在により、拝診できない疾患・疾病がある場合もございます、あらかじめご了承ください。
なお、ご来院の際にはコールセンターにてご予約および診療内容をご確認の上、ご来院頂くことをお勧め致します。