各科紹介

腎臓内科・透析内科

当科の特徴

腎臓内科では腎疾患を中心とした診療の他に血液浄化療法を担当しています。腎臓の病気には糸球体腎炎など多くの種類の腎臓固有の病気以外にも糖尿病、高血圧、膠原病などの全身病の一部分症としての腎障害があり、その範囲は多岐にわたっています。

当科では検診で見つかったタンパク尿・血尿を指摘された患者さんに、腎生検などの検査で病気の原因をつきとめ、的確な治療を行っております。総合病院である利点を生かし、他科と緊密に連携しながら治療に当たりますので、様々な合併症を有する患者さんでも安心して治療を受けて頂けます。

また、腎臓外来では腎機能の保持に努め、高血圧や高脂血症などの腎機能増悪因子を生活指導、薬物療法で長期にわたりフォローアップを行っています。不幸にして腎機能が廃絶した腎不全患者さんに対しても、腹膜透析・血液透析を導入し、質の高い透析療法で維持透析患者さんの治療を継続します。

当科では腹膜透析のカテーテル関連手術や合併症に対する手術、血液透析の為のブラッドアクセス手術や経皮的シャント拡張術などの手術手技を我々自身の手で行っております。このように患者さんとお付き合いする年月が大変長期にわたるのが腎臓内科のもっとも大きな特徴です。

また、院内で発生した急性腎障害や電解質異常などのコンサルテーションを積極的に受けており、相談のあった他科の患者さんも毎日診療しております。 その他院内での血液浄化療法を全て担当しており、持続的血液ろ過透析、血漿交換、免疫吸着療法、顆粒球吸着療法、LDL吸着療法、腹水濃縮再灌流療法など様々な技術を駆使して多くの科の患者さんの治療に当たっています。

腎臓の病気に関する事なら何でもお気軽にご相談ください。経験豊富な専門医師が適切な治療を提供いたします。


対象疾患
高血圧症、電解質異常、糸球体腎炎(原発性、続発性)、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、血管炎症候群、多発性嚢胞腎、急性腎不全、慢性腎不全、腹膜透析(CAPD)、血液透析(HD)、腹膜アクセストラブル、ブラッドアクセストラブル