腎臓内科・透析内科 医師紹介

      • 篠﨑 倫哉

        しのざき みちや

        血液浄化療法センター長
        腎臓内科・透析内科 部長

      【専門分野/得意な領域】
      腎臓疾患全般、ブラッドアクセス・腹膜アクセス手術、透析療法(腹膜透析・血液透析)を含めた血液浄化療法

      【専門医・指導医】
      日本透析医学会専門医
      日本腎臓学会腎臓専門医
      日本内科学会総合内科専門医
      日本内科学会認定医

    • 主な経歴
      1991年 九州大学医学部医学科 卒業
      九州大学第二内科入局、腎臓研究室に配属
      1995年 九州大学大学院医学系研究科内科専攻 入学
      1999年 米国Harvard大学Brigham and Women’s病院 腎臓科(Research fellow)
      2001年 九州大学医学部附属病院 腎疾患治療部
      2006年 宗像医師会病院 腎センター医長
      2008年 平成紫川会社会保険小倉記念病院 腎臓内科副部長
      2012年 財団法人厚生年金事業振興団九州厚生年金病院 内科部長
      2015年 聖マリアンナ医科大学腎臓高血圧内科 非常勤講師
      2017年

      山梨大学医学部附属病院 第3内科 非常勤講師

    【患者さんへ】
    腎臓の病気には多くの種類がありますが、症状に乏しいことが多い一方で、進行してしまうと改善させることが困難なとてもやっかいな病気です。まず早期発見のためには検尿を含めた検査を定期的に行いましょう。検尿異常があれば自覚症状はなくても専門医療機関を受診しましょう。的確な診断、早期治療介入がその後の腎機能の予後を改善します。また残念ながら腎機能が悪化した場合には腎代替療法(透析療法、腎移植)を行う事になります。当院腎臓内科ではそうした腎臓病の幅広いステージすべてにおいて良質な治療を提供しています。

    【医療機関の方へ】
    検尿異常から末期腎不全まで幅広い分野で的確な診断・治療を行い、地域医療に貢献したいと考えております。腎臓内科はとりわけ病期が長い慢性疾患を相手にするため全人的な対応を心がけています。 これまでPD first(透析療法の開始を腹膜透析から始める方法)の利点を重視し、多数の患者さんを腹膜透析に導入・治療してきました。その経験を元に、質が高くかつ自由度の大きい透析療法を提供していきたいと考えております。

      • 稲永 亮平

        いななが りょうへい

        腎臓内科・透析内科 医長

      【専門分野/得意な領域】
      腎臓内科、透析内科

      【専門医・指導医】
      日本内科学会認定内科医
      日本腎臓学会腎臓専門医
      日本内科学会総合内科専門医

    • 主な経歴
      2013年 杏林大学医学部 卒業
      2015年 杏林大学医学部第一内科(腎臓・リウマチ膠原病内科)入局
      2017年 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院分院 腎センター内科
      医療法人社団 恵周会 白川病院

      【患者さんへ】
      患者さん中心の医療を心がけていきます。